読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

昨日と一昨日のご飯

f:id:natsuyono:20170107092141j:image
鳥のひき肉でお団子をよく作る。
そのまま食べてもお鍋にしても野菜と煮てもいい。
ひき肉に塩麹を少し混ぜてほって置く。
お豆腐が少し残っていたので、これも入れて、
よくこねこねする。
ちらっとお醤油をたした。
これを団子状にしてお湯に落として茹でる。
昨日は、この茹で汁をスープにして
白菜と大根と鳥のお団子を入れて蒸し煮にした。
味はお酒と少しお塩。
実に簡単かつ合理的で、信じられないほどうまいって、
なんだよー!であった。

昨日の残りに白菜を足してまた蒸してまた食べた。
白菜は最後の芯のところで、
黄色くて柔らかで甘い一番いいところ。
隣に見えるのは、
暮れに黒豆と交換でゲットしたテンペである。
ごま油でこんがり焼いてお醤油を垂らして食べた。
原材料は大豆とテンペ菌と米粉と米酢と書いてある。
なんとも言えず大豆が美味しく甘みがある。
米のでんぷんが糖化しているのだろうか。
テンペは納豆菌ではなく蜘蛛の巣カビの、
発酵食品です。
プロバイオティクスにして、プレバイオティクスである。
強酸性の胃を生き延び、激流の小腸をくぐり抜け、
無事大腸まで生きて到着しただろうか、
気になるところである。
しかし、普通の生き物は食べられると死んじゃうんだけど、
細菌はたべたやつの中で生きているんだから、
よく考えるとすごいね。
ピノッキオかよ。