松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

新作

前のがピッタリすぎたので、

少し大きめを作った。

この糸は前のと同じシリーズだが、

色が結構気に入ったので、

大人用を編もうと思う。

玉二つで大人用と子供用ができる。


カマキリを今日は発見できない。

かしをかえたかな。

バッタは5匹はいる。

一度脱皮した。

例年は123匹いるのだが

あと名前のわからない、

コオロギを小さくしたような昆虫が、

やはり5匹いる。

人を食った奴

エルドアンのこと書いたら、

偶然昨日おかしな動画が回ってきた。

ジョンソンがテーブルに向かって、

座っている。

後ろをエルドアンが通りかかる。

エルドアン突然ジョンソンの肩に、

手を乗せる。

びっくりして振り返る、

まだ手をのせたまま、

立ち上がって力一杯ふりほどく。

その間エルドアンは正面を向いたままで、

一度もジョンソンの方を見ない。

呆気にとられるほど変なシーンで、

大笑いしてしまった。

本当に人を食った奴である。

こう見えて頭の中はなかなか複雑で、

やり手である。

魅惑のトルコ

BRICSの人たちの言ってることは、

ぶらじる、ろしあ、インド、中国、南ア、

どこの国かなどの先入観なしに、

聞くと、誰が聞いても、

普通に筋が通っていて納得できると思う。

かたや、西側の人の話は、

あからさまな煽りや嘘が、

必ず入っていて馬鹿馬鹿しい。

力ずくでやる外交ばかりで、

調整能力もない子どもじみた人ばかり。

早晩影響力はなくなるんではないか。

いまさらNATOに入る国の気が知れん。

古狸みたいで、いつだって怪しいのは、

エルドアンやね。

NATOにいるのも邪魔だけど、

BRICSに入ったらもっと面倒か、

さすがオスマントルコの末裔。

トルコ料理食べてみたい。

食糧難に!

新しく生えてきた、

ちょっぴりのレモンの葉っぱに、

クロアゲハの幼虫がひしめいている。

このままいくと、食糧難に!

9匹、、


我々もそれになりそうやね。

あの人たちは、食べ物が他に無ければ、

人造肉でも遺伝子組み換えでも、

食べるだろうと言う作戦?

ワクチンは大成功だったから。

日本だけでも7とか9億ショット買ってる。

言い値で、有害事象の責任無しの、

条件で。

彼らは自信家だから、

立ち止まったら負けと思ってるかのように、

休みなく次に向かう。

本当にそこまで、と思うほどに。



カストロの言葉

落胆せず躊躇なく闘い続けよう。

人間は、最も高貴な思想に至り得ること、最も寛容な思いを抱き得ること、その思いと考えに命をかけ得ることを深く確信して。


フィデル・カストロ・ルス


フィデルのように信じることができたら、

どんなに素晴らしいか、

私にはやはり無理だなぁ

彼は信じるに足る沢山の人間と、

出会ってきたのだろう。

ゲバラとかね、、


今回のコロナでも、キューバは、

自国製のワクチンで、

しっかり押さえている。

こちらは本物のワクチン。

カマキリも

ひだりの鉢植えはリンゴです。

リンゴは別の木が無いと、

うまく受粉しないと言うので、

近所の友達のうちから、

わざわざ枝をもらってきて、

ぽんぽんとやったので、

今だいぶなっています。

椿の木は何十本も有るのですが、

爺さんの挿木なので、

白の斑入りとピンク、この二つが多い。