読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

「日本の枯葉剤」3

本文に入ると、最初は沖縄の毒ガスの話である。
沖縄は返還前の時期。
度々起こるガス漏れや爆発や、事故が絶えないことで、
返還前に毒ガスをすべて撤去して欲しいという、
悲願があった。
沖縄は実際にアメリカ軍の毒ガスを保管基地のようであった。
これに対し日本政府は口先ばかりで動こうとしない。

アメリカ国内での事故をきっかけに、
毒ガスの撤去は動き出したかに見えるが、
実は、これがフェイクの疑いが濃厚という。
費用は日本持ちの…
アメリカは、毒ガスの無害化にはお金がかかりすぎ、
移転させる先もそう簡単には見つからない、そこで、
嘘の毒ガスの撤去イベントを打つのである。
第一回の撤去は、化学兵器の1万3000トンのうち150トン、
わずか1パーセントを運び出すこの日のパレードは、
日本に600万ドルださせるための、
デモンストレーションだったといわれます。
二回目も全く怪しい。
空っぽの容器を持ち出しただけかもしれないが、
今度は1万3000トン。
アメリカの書類と実際の食い違いも多く、
運び出されたかの点検立ち会いも受け付けず、
なんと新たに毒ガス貯蔵施設を建設中であったと。
撤去どころか持ち込む気まんまんである…

沖縄にあった毒ガスは、(今もあるかもしれんが)
サリンVXガスイペリット(マスタードガス)、枯葉剤など。
自国の脱走兵をサリンを撒いて殺すとか、
オーストラリア兵を対象に人体実験させよといい、
断った大統領は謎の死を遂げるとか、
アメリカのやることはどれも酷すぎて、ぐったり。

あとね、毒ガスの貯蔵施設には必ず、
うさぎが飼われている。
死んで人間に危険を知らせる警報器の係です。
うさぎちゃんが…

傍若無人のアメリカと言いなりの日本政府と、
嫌なことを押し付けられる一方の沖縄。
今と一ミリも変わらなさに、逆に驚くほどである。
あんたら、これ永遠にやってるつもりなの?

と、書いたところで、IWJの「日米合同委員会」
に関するインタビューがあって、
これがある限り1ミリも変えられないのは、
当たり前のことなんだなぁと納得する。
政治家も知らない、
アメリカに完全に従属する官僚とアメリカとの秘密組織であり、
密約の温床です。
今現在も新たな密約がここで交わされているという。
戦後からずっと日本を動かしていたのはここなんですねぇ。
ここまで属国で、力の差が歴然とあるのだから、
ちょっとやそっとでは変わらない。
なんか抽象的だけど、
日本人の一人一人が、
もう少し誇り高く生きるようにならないと、
くらいしか言えない…
このインタビューはフルオープンです。
私もまだ見ていないけど、おすすめです。
「日米合同委員会の研究」という本も読んでみようかと思う。