松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

お顔にかかるかなぁ、、

f:id:natsuyono:20200123072909j:image

やってもやっても終わらないこんち大仏。
しかしそろそろお顔にかからねばならんだろう。
とんがった鼻は、少し低めになりそうだ。
チビの方の鼻は凄く綺麗に彫れているが、
今度はどうだろう…
顔の表面の向きがとても重要だが、
そこも上手くいくか心配。
リュックの形も今ひとつ満足していなくて、
頭の顎の下の部分もまだ完全に綺麗になっていない、
全体にあちこち修正しなくてはならん。
足ももう一息細くしたいが、
この部分は実に彫りにくい。

今日は寒くて雨だからベランダでできない。
窓は閉めてやることになる。
昨日リンゴを木にさしてやったんだが、
オナガメジロが早速食べに来ている。
それを眺めながら仕事ができるのは嬉しい。

母の味

新宿に出た帰りにハルクのお魚屋さんを覗いたら、
見事な鱈の子があったので、購入に及び煮た。
田舎では冬場に鱈をよく食べる。
私は子どもの頃から煮た鱈子が好きだった。
それの最後の1つを夕ご飯に食べながら、
これって子どもの時に食べたやつと、
完全に同じ味だなぁとしみじみ思った。
これの作り方を母に教わった記憶はない。
濃いめのかつおダシで煮るというのは、
ちらっと小耳に挟んだかもしれない。
それにしても完全に一致である。
私は黒豆が好きで毎年大騒ぎでこれを煮るが、
母は黒豆が好きではなかったらしく、
子どもの頃のおせちに黒豆は登場しなかった。
大きくなって大げさな料亭の瓶詰めとか、
もらってもちっとも好きではなく、
いろんな作り方を見てやってみて、
自分で作ったのは好きだと言うことがわかった。
と言うか今も自分の以外の黒豆は嫌いである。
東京に住むようになってからはお正月は実家にいないのだが、
ある時、明けて少し経った頃に帰ったことがあった。
その時残り物の黒豆があった。
お豆をもらったとかで母が煮たもの。
これを食べてみてびっくり、
私の黒豆にあまりにもそっくりで。
美味しかった!
なんか知らんが私の舌はお母さんの料理で、
完全にでき上がっていたんだなぁと、
本当に驚いたものであった。
母の味と言うものはこうやって繋がっていくものなんだね。
きっと娘も、
どことなく私と似た感じの料理を作っているのだろう。
そう考えると面白い。

ちょっと心配

まあこう言っても良くわからんかもしれんが、
とにかく毎日何時間も木を彫っていると、
指が本当に痛くなる。
少し前新聞に琵琶を作っているおじさんの話が出ていた。
あの琵琶法師の弾く楽器。
この人は琵琶に魅せられて、
作れるかなって感じで、やってみて、
偉い先生に弾いてみてもらったら、
案外鳴るじゃないかと言われ、
この道に入ったらしい。
硬い木を彫るので指の節が太くなって、
ぐーができなくなったと。
えっ!いっしょいっしょ!
私は毎晩お風呂で念入りにマッサージしているが、
それでも朝起きると関節が腫れて手が握れない。
今や手首や肘も痛くなってきていて、
これ大丈夫かなぁと少し心配になっている。
もともと白魚じゃないから、
見た目は煮干しでも構わないんだけど、
いろいろなことができなくなるほどになったら、
やっぱり困るなぁと。
こんちさんが終わったら、
今度はクスを彫ってみたいと思っていたが、
ちょっとお休みしたほうがいいかなぁ。

信じられないくらい最低、、

痴漢の話はしたくないくらい嫌だけど、
それが今の日本の現実だと思うと、
気持ちが落ち込む。
センター試験当日を狙って、
わざわざ痴漢するために電車に乗る人達がいるという。
吐き気がする。
女子受験生が可哀想すぎる。
高校では数年前から問題になっていて、
親に同伴をお願いしていると!!
世も末とはこういうことか…
受験という制度は誰もが合格するわけではないが、
頑張ってこの日を迎えた子には、
ぜひ平常心で実力発揮してほしいと、
知らない子でも応援したくなるのが人の心ではないのか。
そうではない卑劣な男たちは、
今すぐ地獄に落ちてほしい。
最低の人間。
どうしたらこういう人間が出来上がるのか、
私にはどうしても理解できない。

家内工場の流れ

今年はビスケット屋は廃業かと聞いてみたら、
やると言うのでよっしゃである。
結婚を期に廃れるかと思っていた娘のクッキー作り。
ものすごく大変だけど、
ものすごく美味しいので私は嬉しい。
さっそく原材料の調達に励もう。
暮れの黒豆1月の味噌2月のクッキーと、
工場のように生産するものが続く。

味噌作り一回目

f:id:natsuyono:20200118173629j:image

チビ3匹集合での味噌作り無事終了です。
さすがセンター試験だけあって、
最低の天気でしたが、豆を煮る熱?や、
人間の熱でそう寒くはなかったです。
今日のご馳走はイタリア風でした。
カチャトーラと、最初に教えてくれた、
アイちゃんは言ってたけど、
ま、鶏肉のトマト煮込みです。
きのこのバターライスと、
ブロッコリーペンネ生クリーム系のやつ、
ほうれん草の添え物、グリーンサラダです。
カチャトーラは昨日作っておいて、
ほうれん草やブロッコリーも茹でておいたので、
ささっとできます。
大鍋は2つとも大豆が占領しているので、
ペンネを茹でるのだけ変な出土品でやったけど、
やはり厚い鍋の方が早く茹だっていいようですね。
チビたちはゆうちゃんと一緒で、
階段をこよなく愛しておって、登ったり降りたり、
一回1人落ちて泣きましたが、
ママが門番のように1つきっきりで番をしていました。
うさぎちゃんは圧倒されておりました…