松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

NPOってなんだ

なんとなく長い間疑問に思っていて、
スペインの話や世界で読んだ記事なんかがきっかけになって、
再発した疑問なんだけど、
NPOって、どうなんだろうということ。

NPOというのは、
まさにアメリカで始まったことだというのが、
ミソだと思う。
民間非営利活動組織という意味だ。
主に有給のスタッフとボランティアで成り立っている。
世の中の社会福祉の至らない部分を、
埋めていると言ってもいいと思う。
私はともしび会というNPOに少し関わっているが、
老人の通所介護訪問介護に関する仕事をしている。
しかし、もし国営のあるいは都営の、
十分な介護組織があったならば、
いらないわけではないか。
そこに専従の正規の職員がいれば仕事は十分にある。
それは、無給で低賃金で善意でやるべき仕事なのか。

社会福祉というものを考えた時、
スカンジナビア諸国と、アメリカをそのシステムで見ると、
アメリカというのは、
最も福祉国家の対極にある国で、
医療、教育、福祉分野に、
公的なお金はほんの少ししか使われていない。
営利企業と、非営利のNPOがそこを埋めている。
金持ちは営利企業のサービスを買い、
貧乏人はボランティア精神に身をまかせるという感じ。

日本もほぼそれに準ずる形になってきた。
公共の福祉に関わる予算は年々削られ続けているが、
我々は実は世界的に見てもたっぷり税金を払っている。
税金は何に使われているのかを、
もっと真面目に見るべきである。
オスプレイだの、2週間のスポーツイベントや、
カケ学園だのに使われるばかりなら、
全然払う気にならない。
特に親分があのサガワってわけだしね。
世界には医療教育が完全にただの国だってあるし、
住宅についても非常に安い公営住宅が、
たっぷりある国だって存在するのだ。

そのどれもがなく、それらに困った人は、
自分が悪いせいだと思わされる。
それが現在の日本である。
これが新自由主義の行きついた姿なのだと思う。

目に前に困っている人がいれば助け合うのは当たり前で、
必要なことだが、だからと言って根本原因を、
そのままにしていいという理由はない。
クラウドファンデイングについても、
疑問の余地がある。
これも元締めの取り分がすごいらしいしね。
一種の世の中の善意にを食い物にするシステムでもあるのではないか。

うさぎのベロ

f:id:natsuyono:20170822081220j:image

うさぎはベロが長くて、

綺麗なピンクで、

先っぽがハート型の頭のように、

二つの山になっている。

湿度が高くてハァハァである。

「昆虫はすごい」

丸山先生の名著「昆虫はすごい」にかかった。
これは素人が昆虫に興味を持つきっかけになるような、
優れた入門書で、全体的なことから、
あっと驚く珍しい生態までバランスよく入っていて、
実に面白い。

やるき氏が好きなキノコ栽培業を営む蟻の事が、
これにはやや詳しく出てくる。
ハキリアリが有名だがシロアリにもキノコ栽培者がいる。
アリとシロアリは蟻の白いやつと黒いやつほどに、
考えがちだけど、実は、
アリがハチ目、シロアリがゴキブリ目で、
かなり遠い関係にある。
住むゾーンも離れた遠い関係の種が、
それぞれに独自にキノコ栽培にこぎつけたのである!
栽培技術は実に高度で本格的。
土の中に菌床はあるが、別の菌が繁殖しないように、
胸部から出る抗生物質を使って、
お邪魔な菌は排除する。
土壌菌はいっぱいいるから、そういうことでもしないと、
菌床はあっという間にカオスと化してしまうだろう。
人間と違うのは、我々は子実体を食べるが、
彼らは菌糸を食するのである。
菌糸の方がいっぱい取れるから、
わしらもそっちを食べたほうがいいんでないかな。

 

 

日本の未来

すでに住友化学は、コメの種子、農薬、肥料の供給から、収穫されたコメの販売までをが一貫して行うという形のコメ事業の参入している。イネの品種は固定種で種苗登録したものを使っている。2020年には扱い量の目標6万トン。
organic-newsclip.info/log/2017/17070…

有機農業ニュースクリップさんついとより

住友化学だけでなく様々の国内外の大企業が、
農業に参入しようとしています。
農協は解体の途上で、種子法は廃止され、
彼らにとっての「岩盤規制」にはだいぶ大穴が開いてきました。
都民ファーストも都議会を株式会社のように運営したいと言うてました。
何もかも株式会社です。
いつの間にか大学も法人になり、図書館も株式会社に、
水道も次に控えている。
新自由主義は全てを食い尽くそうとしています。
一旦営利企業になれば利益を上げる事が、
最重要の目的になって、キリがなくなる。
それで国民が幸せになれるかといえば、
アメリカを見ればわかる。
ニューヨークの子供の七人に一人が、
ホームレスであるというニュースを見かけたが…

「昆虫こわい」

私はさすがに小松さんのファンだけあって、
小松さんの先生にあたる丸山宗利の本にかかった。
将を射んとすれば、というあれだな。
別に射んとしてないけど。笑

「昆虫はすごい」は知っていたけど(まだ読んでないけど、)
すごく売れた本で、2015年度新書大賞!
11万部突破!とはすごいね。
まず新しく出た「昆虫こわい」を読んでみた。
主に海外に昆虫探しに行く話だが、
さすがに面白いし、もちろん小松氏も同行者として、
随所に登場し、その奇人ぶりが花を添えまくっている。
これは新書ながらオールカラーで、
地味目な好蟻性昆虫の他に、
珍しいツノゼミや美しい蝶もたくさん出てくる。
丸山先生は好蟻性昆虫の日本の第一人者であり、
主にハネカクシが専門で、ヒゲブトオサムシも大好き。
これは本当にかっこいい。
ヒゲの造形が素晴らしい。(私も描いてみたくなった)
またツノゼミの専門家でもありツノゼミの本も出している。
ツノゼミの多様さは恐れ入るレベルである。
昆虫嫌いの人もきっと楽しめる本である。
昆虫学者の仕事は実際過酷だし、
よほどの昆虫好きにしかできないと思う。
小松氏も初めての海外で夢に見たジャングルに行った時、
興奮しすぎて気を失った!
彼らが珍品を発見した時の、爆発ぶりも凄い。笑
丸山先生も興奮が冷めやらずに不眠症になるほど。
いやー、なかなか。

日頃、人々は観察力が足りないと文句を言う私だが、
観察するには少なくとも、どうなってるんだろうと、
疑問に思ったり、知りたいと思うことが必要で、
それが粘り強い観察のモチベーションになる。
そして日頃の観察があってこそ、
いつもと違う状態、普段はいないもの、など、
新発見につながるということがよくわかる。
疑問に思ったり知りたいと思ったりする感覚は、
子どもはみんな普通に持っている。
それを失わずにうまく育てた人が、
面白い有能なイキイキしたおとなになるんだな、きっと。
とにかく生物学者は動物一般が大好きで、
小松氏は鳥では、烏と雀が好き、
丸山氏はクマでは、マレー熊が一番好きとか、
色々私と趣味が一致するところも嬉しい。

 

天ぷらの威力

昨夜は息子夫妻が夜寄ってくれました。
前から週末に行くと言っていたのが、
仕事が忙しいから行けないというメイルが来たので、
美味しい天ぷらにしようと思ってたのに残念、
と返事したら、
8時ごろになるけど行くという返信がきました。
あれは絶対に天ぷら狙いだったと思います。
案の定二人は異常に大量の天ぷらを食べました。
天ぷらは白なす、モロッコインゲン、オクラ、ピーマン、
シシトウ、人参、苦瓜(自家製)の皆さんです。
ピーマンやインゲンは少ししかなかったけど、
バリエーションは豊富で相変わらず白なすが美味い。

お嫁さんは完全にスイカ泥棒になっていました。
緑のワンピースを着ていたので、
黒い縦縞があるともっと似てたと思う。
息子は以前に一度やったのですが、
今年はまた会社のカレンダーをやっているようで、
昨日は珍しく休日出勤だったらしいです。
自社製品を使った箱を色々作って、撮影するらしい。
カメラマンは高校の剣道部の先輩だという、
珍しい話でした。
楽しみにすることにします。
ただ、ここのカレンダーはサイズがでかいので、
一般家庭では掛けにくい。

 

「世界9月号」

また次の世界を読んでいる。
韓国の文大統領は頑張っている。
日本はアメリカに何一つ口答えせず、
言われたことをハイハイとやっているだけなので、
外交と言っても頭を使う必要が無い。
世に言う思考停止というやつである。
アメリカのような力任せの国の、
言いなりにならないためには、
やはりうんと頭を使わねばならない。
韓国は非常に難しい外交を、堂々と、慎重にやっている。
アメリカと言っても、ワシントンと軍ではまた違う。
なんせ韓国にとって北朝鮮は地続きのお隣だから、
どちらが仕掛けるかに関わらず、
武力衝突は絶対に避けたいだろう。
フィリピンもマレーシアも、揺さぶられながらも、
色々考えていそうだし、中国はもちろん賢い。
そもそも割に可愛い顔で丸っこい金君も馬鹿では無い。
これは別の時に読んだが、彼は独裁者だが、
いろいろなことを正確に理解していると、
西側の彼と接触した人たちは言っている。
反対するやつ嫌い、むかつく、みたいな感情しかない、
日本の彼は、もう比べる相手がいないレベル。
まさに世界一ではなかろうか。
太郎くんも早速お見事な言いなり外交である。
ま、知ってはいたけど。
父上はどういう気持ちで見ているのだろう。
洋平くんはなかなか見識のある男であるから、
ちょっと気の毒。