読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

「誓います」読了

ダンの新作を読み終えた。
これもまた前回作にも増して素晴らしかった。
前回が里子をもらうまでの話で、
これはその子が5歳から6歳になった頃、
二人のパパが出会ってから10年を経て、
カナダで正式に結婚し、法的な夫婦になる話である。

ゲイというのは性癖であって、
思想とは元々なんの関係もない。
ただ性的なマイノリティーであるので、
人権や平等に関して真剣に考えざるをえない。
その過程でストレートのリベラルと似通った思想の持ち主となる。
しかしそれ以外の分野では、当然、
保守的な古臭い考えを持ったゲイだっているわけであり、
まぁ、ダンはどちらかというとそれである。
マジョリティーが何も考えずに、
フラフラと生きていける時も、
マイノリティーはいちいち真剣に考えざるをえない。
それがマイノリティーであるということである。

この本は皮肉や冗談が溢れかえっているが、
どれもドンピシャリのとこを外していないので、
呆れるほど気が利いていて面白い。
私は何度もニヤッとし、何度も声を出して笑った。
また結婚、子育て、家族というものについての、
深い考察は普遍性に溢れており、時に哲学的である。

私は全くゲイについての偏見もないし、
里子についてもそうであるのはなぜだろうか。
同性が好きということだってあるだろうと思うし、
少なくとも子どもというのは、
血が繋がっているかどうかは全く関係ないと思う。
長年犬を飼っていたから分かる。
今まで四匹の犬と暮らしてきて、
どれも可愛かったが、一匹として私の腹を痛めた子ではない。
知らない人もいると思うから教えてあげるが、
自分のうちの犬のウンチを取るのと、
知らない犬のウンチを取るのじゃ、
全然気分は違う。
知らない犬のウンチはちょっと嫌なんだよ。笑
多分一緒に暮らすことで子どもになるのである。

ま、また続きを書くかもしれない。

バスから降りる熊

f:id:natsuyono:20170424055511j:image

これ、状況がちょっと理解できないんだけど。
クマ関係のいい写真をいっぱいアップしている、
アカウントなので、コラージュじゃないと思うんだけど。
見つめまくっているおばさんたちパニクってないし。
降りてるってことは乗ったということで、
どっか行った帰りなんだろうけど。
ま、とにかくクマは手のひらというか足もだけど、
すごく大きくて丸くて可愛いと思う。
私は動物の前足の形にちょっとうるさいのよ。

金沢も福井も…

石川県金沢市
庁舎前広場使用、市が不許可
5/3憲法集会 申請3/末 不許可4/14
※2014年まで同広場で開催
15~16は広場工事のため別の場所
福井県
原発街頭アピール自粛要請
県財産活用推進課長ら3/31文書で
県庁前交差点 5年ほど前から
※県公安委の許可を得て活動


金沢も福井もこういう状況です。
もともと自民党の強い地方だからねぇ。
どいね原発のスタンディングも、
排除されるかも…

針山新調

せっかくのチャンスだから、針箱の整理をした。
ボーイスカウトのバザーで以前買った針刺しにしてから、
針が錆びやすいような気がしていたので、
針山の中身は何がいいのか調べてみたら、
多少油っ気のあるウールの毛糸などがいいと書いてあったので、
迷わず捨てようと思っていた、小さい穴がいくつも空いた、
古いセーターの袖をちょん切って、
相変わらずの適当ながら、新しい針山をこさえた。
めほその針に糸を通してみたが、
ま、普通に通しにくい。笑
目があれになりつつあるから…
でも裸眼で、それでも通るからまだ大丈夫。笑
どっちかいうとミシンの針のほうが通しにくい感じ。
そんなんでこの前手提げ袋を、
連続で9個も縫ったので、お針仕事はおしまいにして、
歌留多を再開するかな。
枠でえらい失敗して、やる気がなくなって、
不良になっていたのだが、あともう少しだからね。
全部できたら、また箱の表紙やタイトルなども、
描く予定だから、まだ完成まではいかない。

嬉し涙や!や!

昨日の夜11時ごろ、高橋組長さんが、
出てきました!!
半年以上の勾留で、もちろんなんかやったわけでもない。
ひろじさんと違って肩書きがある人ではないわけで、
ひろじさんが出て、彼だけ出られないとなると、
出るにはいったいどういう状況が必要なのかと、
考えていたが私にはよくわからなかった。
とにかく良かった。
夜中にもかかわらず沖縄の地元の人たちが、
たくさん出迎えに来てくれたようです。
(高橋さんは東京から抗議に行っていた人です。)
なんというか、結構感激しました。
毎日のように沖縄の人たちが、
釈放せよとプラカを持って、
スタンディングしていました。
素晴らしいです。
本当に良かったし、現政権はクソです。

麹仕事

白山市のあたりには、堅どうふという、
すごい固くでずっしり重い豆腐がある。
頭ぶつけること可能である。
今回これを買ってきて、味噌に漬けた。
味噌漬けられたものも商品としてあるが、
何と言っても手前味噌に敵うものがないので、
自分でやる。
鶴来のおはぎやさんで売っていた野蕗は、
細くて筋を取るのが面倒だけど、
佃煮にしたらすごくうまくできた。
とにかく蕗のできがちがう。
塩を入れたお湯でさっと茹でてから筋を取った。
ゴソゴソもしてないし筋張ってもいないし、
柔らかく香り高い。
ぐずぐず煮ないでお酒と赤酒とお醤油で、
素早く煮詰め、少し広げておくだけである。
白山さんの参道で、いい松ぼっくりもゲット。
センザンコウにそっくり!
いっぱいあったからもっと欲しかったけど、
あんまり欲張っても大人気ないかと。笑
麹で早速、甘酒、塩麹、醤油麹、味噌を作った。

f:id:natsuyono:20170422150843j:image

f:id:natsuyono:20170422150902j:image

浅野町あたり@金沢おしまい

観光マインド無い学芸員はクビという発言は、
典型的なカネだけ今だけのネオリベマインドであって、
失言でもなんでもない本心であろう。
お金にならないものには価値を見出せない人間なのである。
マインドってね、なんじゃらほい。
金沢は観光マインド的には成功例なのかもしれんが、
地道にお金にならなくても守ってきた人たちがいて、
今があるわけで、
忍者寺だってお金が無くて下宿人をおいていたんだしね。
しかし、現在の小役人の皆さんはどうも感心しないよ。
もはや全国的に金に毒されているよ。
昔の貯金が尽きるまでの命ではないか。

今回私の生まれ在所を歩いたが、
昔と同じお名前の表札が出ていて、
多分代替わりして、どなたがお住みか知らねども、
この60年ばかり変わらず、
ここに暮らしている人がいるのだなぁと、
感慨深いものがあった。
ま、430年には遠く及ばないが。
あめ屋さんは1ミリも変わっていなかったし、
お風呂屋さんも、お世話になった小児科も、
残っていた。
俵屋さんの前と、
人がどっさり来る前の、長土塀界隈で、
記念撮影。
f:id:natsuyono:20170422074135j:image

f:id:natsuyono:20170422074200j:image