松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

寂しいねぇ

三菱ケミカルの会長の大学批判に、
呆れてものが言えない。
金にならないものは価値がないという考えは、
ここまで来たかと。

小林 国立大学は「時代に対する感性」があまりになさすぎる。たとえば生態学とか生物学、文化人類学とかゴリラとか。

よほど山極先生が煙たいのだろう、
最後に単独でゴリラを言添えているところは、
笑えるが。
先日も丸山先生のツイで、
先生の授業の最中にさえ、
虫がキモいと吐き捨てる学生が多いと、
怒っておられた。
虫が大嫌いと公言してはばからない人を、
身近にも何人か知っているが、
虫という大きな括りで、否定するということが、
なぜ成立するか私には理解しがたい。
昔子どもの友達のお母さんが、私は動物が嫌いだ、
と言ってあっけに取られたこともあったが。
あんたは一体誰なの?である。

これらはネトウヨと同じ種類の人である。
中国や韓国との長い交流の歴史や、
文化の有り様を、知らず、知ろうともせず、
口汚く否定する一点張り。
昆虫の面白い生態や進化の妙を知ろうともしないで、
種全体を嫌いと言ってはばからない。
お金になるかならないかだけを基準に、
すべての学問を馬鹿にする。
彼らは美術や芸能や音楽なども攻撃する。
橋下の文楽攻撃なども同じ。
ここまで行くと私はその貧しさが、
可哀想に思える。
可哀想と言うのは失礼かとも思ったが、
やはりそう言うしかないかな。
どういう育ち方をしたら、
こんなに見解の狭い人間になるのか謎である。
世界はこんなに多様で美しい面白いものでいっぱいなのに。
知り尽くせないほどなのに、もったいない。

この人が否定している分野、ずばり私の大好物。
今、考古学と歴史学の本を読んでいるが、
本当に面白い。
残念な人たちが、日本の今まで積み上げてきた、
文化を破壊している。
生物の多様性と同様に二度と蘇らないものなのに。

河島先生に感謝

河島英昭さんが亡くなった。
私はこの人に何となく世話になった感がある。
パヴェーゼエーコなどたくさんの本を、
翻訳しているイタリア文学者である。
ごく若い頃パヴェーゼに夢中になっていたことがある。
訳本が晶文社から連続的に出版されていたが、
次はいつ発売、と書いてあるのに、
なかなか出なくて、私は、河島さん怠けてないで、
早くしてよ!と、恐れ多くも馴れ馴れしくも、
心の中で急かしまくっていた。
クールで美しい文章を書く人じゃった。

合掌

と書いていたら以下のようなついとを発見、
まさにこれこれ。

晶文社で河島英昭先生の翻訳による「チェーザレパヴェーゼ全集」(全17巻)の刊行が始まったのは1969年。月日は経ち、定期的に先生の研究室に原稿を受け取りにいく担当者編集者が何人か変わり、けっきょく出版されたのは、うち8巻だった。今となっては懐かしい思い出。
斎藤典貴さんついとより

今朝は麻や

性格が暗い私は、今日もさえない気分です。
天気はいいのに。
気分転換に新しい麻のモンペを履いてみました。
じいさんの着物のリメイクです。
ばあさんの親の単に頂き物の木綿の帯です。
渋い組み合わせで結構気に入りました。
涼しいね。

f:id:natsuyono:20180527075747j:image

七尾の川内豆

f:id:natsuyono:20180526080438j:image

f:id:natsuyono:20180526080453j:image

金沢に行った時はたいてい、
西のかわむらでお土産に甘納豆を買う。
今回は、期間限定のものを買ってみた。
「七尾の川内豆」説明によると、
持ち込みの豆ということだった。
市場にでまわるほど量のない在来の豆を、
生産者が持ち込んで、甘納豆にして売っている。

これが実に美味しい。
袋の説明を読むと、
やや言葉足らずではっきりわからないが面白い。
黒インゲン豆らしい。
つばくら豆と言われるものではないかと。
江戸時代は世界に類がないほど、
農業に関する本が出た時代であると以前読んだ。
市井の農学者がたくさんいて、
農業について研究して、
その成果を広めたいと言う志でもって、
頑張った人たちがいて、
それを求める農民もまた多かったということか。
志賀町村松標左衛門さんもそんな一人だろう。
これが文化というものである。
向学心探究心やる気が津々浦々の人々に満ちていた。

七尾の7と燕を配したイラストが可愛い。

嫌な国

世界中から信用できない嫌な国の人と、
軽蔑されるのはどんな気分のものか。

ドイツの本を読んでいると、
そういう状況に出くわすことがある。
戦後何年かしてフランスに行く時、
ドイツ人と知れたらどんな目にあうかと、
ビクビクしながら列車に乗る女性が出てきた。
別に何もなかったんだが。
また別の本では住んでいるアメリカで、
彼女に招待されて家を訪問した若い男性が、
彼女のおじいさんがアウシュビッツの生き残りであると、
いう話が出て、凍りつく場面もあった。
何の本か忘れたが、この時の老人は、
かなり辛辣に厳しい話し方をしていたように記憶する。
この男性は戦後の生まれなのだが。
ドイツでは「ベルリンに一人死す」の夫婦のように、
果敢にナチスに抵抗した市民は少数派だったと思う。
良くて見て見ぬ振り、
不本意であっても、職務上や成り行きで、
加担した人たちも多かったのではないか。
表立って抵抗した人は生き残れなかったのだろうし。
平和教育の一環の、
子供たちの聞き取り調査の本を読んだことがあるが、
ユダヤ人への迫害はベルリンなど都市部のことで、
田舎では案外平和なものだったかと思っていたが、
実はそうではなかった話も出てきた。
狭いコミュニティの逃げも隠れもできない状況で、
手のひらを返したようにひどいことが行われた。

いずれにせよドイツ人は戦後、多かれ少なかれ、
自分の国の過去に苦しんだのだろう。
だからこそ徹底して過去と向き合う平和教育が、
連続的になされてきたし、法整備にしろ何にしろ、
もう二度とやらないという姿勢を世界に見せる必要があった。
自分自身の心の平安のためにも。

日本は何もかもうやむやである。
個人的にはあったとしても、
社会全体としての総括が徹底していなかったと思われる。
海に囲まれている事をこれ幸いと。
そして愚かなことを繰り返す。

 

昼ごはん

f:id:natsuyono:20180524183825j:image

f:id:natsuyono:20180524183843j:image

今日はらっきょうをまた食べてみた。
悪くもないが、もう少し甘くなくてもいい。
これでもレシピより減らしたんだが。
鷹の爪は、金沢の姉の家でちょっともらってきた。
あちらでは「なんば」という。
南蛮のんがなくなってる。
これは在来のもので、細長い「剣崎なんば」。
これが意外に辛い。
良い唐辛子とみた。
お昼に珍しく卵を茹でて、
らっきょうと塩麹とマヨネーズで、
サンドイッチにしてみた。
イケる。

……3

ぼんやりしてたら、
ご飯を本格的に焦がしてしまった。
あーあと思ったけど、
食べてみたら固いけどおこげは美味しくて、
いつものようにもりもり食べてしまった。笑
おかずは昨日の残りの煮物と、かぶの塩麹漬け、
残っていたお豆腐の極小お奴。
岸本水府の川柳
「ほうれんそ などで 母子の飯がすみ」
を思い出した。
水府は親父が早めに死んで母一人子一人だった。
など、は何だったのかなぁと、
またしても考えてしまうし。

しかし、日本はTPPの交渉過程で、
この国は真剣に対応すべき相手ではないと、
思わせるタネをいっぱい撒いてきたと思う。
アメリカだけでなくいろんな国に。
つまり、「ちょろい」と。
その後の様々なニュースで、
今や世界中の共通認識になっているんじゃなかろうか。
否定できないとこがつらい。