松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

本日の兎

f:id:natsuyono:20191021075024j:image

今回はスケッチしたような目を、
どうやって実現したらいいかを最初から考えていた。
まぶたを盛り上げるなどは、後からできないからね。
今もまだ縁の幅をもっと減らすか、
削ってラインを消すか、いろいろ迷っている。
口元も、今は口の表現はないんだけど、
ラインだけはあったほうがいいのか…
目と違って口はフォルムとしては目立たない。
鼻の下って感じ。
ただ人は口がある事を知っているから、
それを見たいっていう気持ちもあるんだよね。
彫り続けているのに、なかなかできない。
河野太郎にちょっと似てて嫌だ。

ラウンドアップ訴訟

バイエルはラウンドアップ裁判の件数が大幅に増加すると予想しているという。10月30日に公表予定。JPモルガンの分析では、バイエルが7月に公表した1万8千件余りから大幅に増加し4万5千件に達するかのうせいがあるという。|Reuters
有機農業ニュースクリップさんついと

なぜ訴訟が起きるのかということ。
一つ一つの案件はそれぞれ違うかもしれないが、
まずはじめにアメリカで起きて、
当時のモンサントが負けた裁判は、
ラウンドアップを使って除草作業に関わった、
小学校の用務員さんが癌になったという話だった。
だからこれだけの数の健康被害が出ているという事。
ラウンドアップと特定できないケースもあるはずだから、
実際はこの何倍にもなるかもしれない。
そして、各国がこの農薬を使用禁止に動いている中で、
桁違いに残留基準を緩め、
ホームセンターで農協でガンガン売り、
公園でも小学校でも、一般家庭でも、
ごく普通に使われているのが我が国です。
世界中からはじき出されたラウンドアップが、
日本目指して集まってくる感じです。
いいのか、
農水省は国民の健康を損なう決定を次々にしているけど、
本当にそれでいいのか、、
健康や命をこれほどまで粗末に扱う人たちが、
国を動かしているという事が信じられない。
人間だけでなく植物も動物も、
同様に被害を受けるという事を考えて欲しい。
除草剤を使った土地は、今回のような雨で、
簡単に崩れてしまうという。
植物の根が地面の中で踏ん張っていないから。
外からは綺麗に見えるが、土の中は病気だという事。

大手メディアは失せろ

今朝の東京新聞に、
自衛隊中東独自派遣へ」とさらっと書いてあります。
いつから日本はこういう事が台風のニュースの脇に、
チラッと載せられる国になったのですか。
信じられない憲法無視です。
もう新聞はいらん。
台風のニュースもニューヨークタイムズの、
特集を見て初めてその深刻さがわかった。
私は記事は読めないが、
たくさんの写真は生々しく状況を伝えている。
テレビは知らないが、新聞を見る限り、
ここまでのものは無かった。
日本では生ぬるいものを意図的に選択しているのだと思う。
間違ったイメージを拡散するようなメディアは、
害にしかならない。
真実を外国に教えてもらうしかない国になっている。

いろいろあかん

もういろいろとあかんね。
前倒しで離農する人が増える。
待ってましたとばかり外国から野菜や果物や肉が入ってくる。
以前ナオミクラインの本を読んでいて、
開発業者が、ハリケーンカトリーナの後、
手間が省けたと笑いながら言ったところで、
絶句したが、
わが国でもそう言っている人たちが、
たくさんいる気がする。
もう驚かなくなってしまった。
ツイッターの時系列を変えて、
台風関連の呟きをラグビーの前に入れたらしいね。
ツイッタージャパンもお友達だから、
なんでも出来る。
嘘と捏造が溢れかえっている国や。

あべさんは、即位の礼では、
天皇さんの後について、オープンカーで、
手を振るんじゃないでしょうか。
もしこの台風が9月にきていたとしても、
消費税は上げたでしょう。
予定を変更するなどという事は、
絶対できない人らしいから。

そんなんですごい勢いで、
ウサギを彫っています。

大きな傷跡

広範囲に深刻な被害を残して、
恐ろしい台風は去りましたが、
今もまだ水の引かない所に住まう人たちは、
大変な思いをされていると思います。
我が家は幸い停電も断水も浸水もなく、
まあまあ無事です。
ただし、庭の木が折れて、結構後始末に、
苦労しました。
朝散歩に出たら、家の前にやけにでかい枝が落ちていて、
何これ、と思ったらうちの木の枝でした。
庭の中ではその木の幹の部分が折れていて、
大きめの木が合計二本倒れていたのでした。

この災害は天災とはいえ、
やはり人災くさいものです。
そもそも台風やハリケーンの大型化は、
海水温度の上昇が関係していますから、
気候変動を起こした人間のせいです。
山の管理をおろそかにして保水機能が低下していたり、
治水事業が長年住民の要求があったのに、
行われていなかったり、
無理な宅地開発で、もともと水害に弱い部分にも、
家が建っていたり、そういうことが重なって、
被害を大きくしているところもあります。
かたや信玄堤が大変な有効性を証明したらしい。
日本の現代の土木工学系の人たちは、
少し恥ずかしがってもいいと思う。
山田堰にしてもこういう分野で古いものほど、
活躍するというのはどういう事やろう。
これからもこういう惨事はあると思うと、
恐ろしい事です。
海外の選手たちが泥かきのボランティアに、
精を出していると言うのに、
首相は一切お見舞いの言葉すらないというのは、
ほとんど異常な事です。
グロテスクな国です。

でも考えてみれば彼は、
典型的な日本人なのかもしれん。
福島に積み上がったフレコンバッグの写真なんか、
全然見たくないし、自分には関係ない。
暗い話深刻な話は大嫌いで、
仲のいい人たちと集まってわーわー冗談を言って、
美味しいご飯やお酒を楽しむのが一番好き。
悲惨な話や貧乏人は大嫌いなんやね。
きっと。

停電になる前に

大きな台風が接近中ということで、
みんな恐ろしい思いをしていると思う。
この前の千葉の被害を見るに、
東京も停電はあるだろうという設定で、
水なども大量に汲み置きし、
冷蔵庫がダメになってもいいように、
豚肉は麹につけ、おでんなどを仕込んでいる。
大根と手羽元を煮る予定だったが、
冷蔵庫の中身を消費するためにも、
おでん風にこんにゃくも、
冷凍してあったお豆腐揚げという、
お豆腐入りのさつま揚げも入れてみた。
地震と違ってガスさえ付けば、
ご飯は炊けるから大丈夫だろう。
千葉の友人を見習って、
元気に停電生活を乗り切りたい。

息子の家は東京の東部で、低い場所なので、
今回は満潮の時期に当たるということなので、
ゆうちゃんさまもいるから、
万が一に備えてお嫁さんの実家に避難した。
一安心である。
現在、雨は降っているが風はまだ出ていない。
いつもはベランダで半分外で彫っているが、
今日はそうもいかないので、
久々に汚い仕事場でやっている。
ウサギを彫るのみ。