読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

また細菌の話

私は自閉症のことを書くたびに、
自閉症の子どもを持つ人は、
不快に思うだろうか、と考える。
しかし、私の読んだり見たりしてきたものの中には、
どう考えても信憑性があり、
かつ日本では知られていないことが多いから、
少しでも紹介する意味はあるだろうと考えて、
書いている。

GMについてはそれ自体も問題だが、
常に農薬とセットで使われるので、
農薬の問題でもある。
殺虫剤殺菌剤抗生剤などに関しては、
農薬と同様に様々な細菌を殺すという意味で重要である。
人間の体は「失われゆく我々の内なる細菌」で書いたように、
夥しい細菌叢とセットで一人なのである。
(人間だけではない、あらゆる生き物が細菌とセットになっている。
草食動物は細菌がいなければいくら餌を与えても餓死してしまう)
悪いものの代表であるように言われる大腸菌も、
これが一匹もいないと人間は生きていけない。
人は血を止めるという重要な仕事さえ、
細菌の力がなくては行えない。
そして細菌叢のパターンは日々変化している。
人の年齢によっても大きく変わるし、
食べ物によっても変わる。
またこれも本の中にあったが、人の妊娠と出産に於いて、
細菌は大きな仕事をしている。
妊娠の時間的経過と共に、出産の時まで、
細菌が日々、これをサポートしている。
だから妊娠中の人の細菌叢はできるだけ、
健全なものでなくてはいけない。
生まれた赤ちゃんも産道を通る時も、
生まれ落ちてからも、様々な細菌を身に纏いながら、
成長してゆく。
すべての段階で細菌は関与している。
だから成長段階にある子どもの細菌環境も非常に大事。
以前見たアメリカの映画の中では、
重いアレルギーの子どもを持つ親が出てきたが、
食物を変えればすぐに改善が見えるという。
また自閉症の子どもはお腹が弱い子が多いが、
これもオーガニックに変えることで、
すぐに好転すると。
だから手遅れはない。
すべての人には愛されて幸せに生きる権利がある。
そして誰にとっても少しでも困難が減ることはいいことである。
可能であれば良いと思われることをやるべきである。
まだまだわからないことも多いとはいえ、
細菌の働きについては、すごい勢いで研究が進んでいる。
細菌は別の物体ではなく、長い年月をかけて、
我々と一緒にに進化してきた我々の体の一部なのだから、
大事に考えなくてはいけない。

テロと難民

世界中でテロが起きる時代になった。
テロとの戦いというのは、
みんなの支持を得やすいと思われている。
テロにも実際はいろいろあるが、
テロリストの実行犯は確実に死ぬ事になるのは、
どんな場合も確実。
テロリストは作られるもの。
幸せな人は基本的にやらないだろう。
死ぬのはみんな怖いのだから。
自殺に関する世界の連載記事を読んだが、
どんなに強く死を願う人も最後まで、
揺れ動くという。
難民と同じで、飢饉などの原因より、
今は政治的なもの戦争が、作り出している。
共に人災といえる。
テロを起こしつつテロと戦っているのは、
難民を作り出しつつ、難民を問題視するのと、
全く同じと思う。

前川さんかっこいい!

かけの文書は本物だと語り、
官邸から人格攻撃を受けている前川さんという、
事務次官の退官時の全職員あてのメールが、
よくてちょっと感激した。
こういう官僚もいたのかと、
マイノリティの差別をなくすことにも触れているし。
この人の発言はスガヤアベの発言より、
明らかに信じられる。
この人、命懸けで、全てを捨てる覚悟で、
出てきたんだろうと思う。
官邸はかつてない発狂ぶりで、
逮捕しようとしているらしい。
今日発売の週刊文春に結構長いインタビューが、
出てくるらしいから、
最低の週刊誌文春買ってみるか。
テレビではTBSが頑張っていて、
NHKと比べると、
別の国の話みたいな事になっているらしい。

また藤田さんついとです

発達障害の予防について、脳神経科学者・黒田洋一郎さんはこう言っている。「できるだけ農薬を避けるために有機・無農薬、減農薬作物を食べること、ことに保育所、幼稚園、小中学校の給食に無農薬作物を使い子供を守ること、居住地での農薬空中散布をやめさせること、室内での殺虫剤使用をやめること」

大地の会藤田さんついとより

こういう話ばかり出すと、
嫌がられそうだけど、
信じる信じないは自由だけど
諸外国では真剣に問題にしている人たちはいるし、
各国も対策を講じ始めています。
子どもを守らなくてどうする。
大人の役目とはそれだけではないか。

和菓子!

f:id:natsuyono:20170524074804j:image

f:id:natsuyono:20170524074817j:image

f:id:natsuyono:20170524074832j:image

美味しい生菓子を送ってもらった。
これは綺麗な上に美味しいのである。
私が一番好きなのは、この緑色の餡。
うぐいす豆の粒餡である。
豆の煮方が最適。
プロやなぁと感動する。

仰げは尊し和菓子の恩♫

いつからか…

よく考えたら、日本の国連に対する、
対応というのはいつもだいたいが、
こんな感じだったかもしれない。
シャラップと叫んだ外務官僚がいたし、
精神医療に関する勧告なども、毎回無視する。
このメンタリティーはなんなのかと思っていたが、
アメリカ様の腰巾着ナンバーワンの、
日本様に何を言うか、頭が高ーーい!
という感じなのかもしれない。
非常に自己満足的な自信過剰な名誉アメリカン。
恥ずかしさにいたたまれない。

よく白人の夫を持った日本人女性の中に、
妙に鼻持ちならない感じの悪い人がいる。
ヨーロッパに行くと割によくいるし、
この前はなんと金沢にもいた。
アレと構造は一緒なのかもしれないね。
日本人にとって国際社会とは、欧米であり、
仲間に入れてもらいたいのは白人だけ。
アジアなんて大っ嫌い。
アフリカなんて視野にも入らない。
日本全体が非常に差別的な考え方で、
動いているように思う。

ついにここまで来た

東京新聞の書簡全文掲載がこのロイター通信報道につながり、今度はこの記事に反応して海外メディア各紙から国連報告者への取材が相次いでいるとのこと。菅の威圧的な態度は完全に裏目に。

報道すべきことをきちんと報道した東京新聞あっぱれ。

中野晃一さんついと

今朝の紙面ではトップで、ケナタッチ氏への取材の記事。
スガの口先だけかと思ったら、
ジュネーブの政府関係者が、高等弁務官事務所に行って、
紙ペラ一枚置いてきたらしいね。
NHKだけ見ている人には、
なんの事かわからないと思うけど。
国連に喧嘩売って、世界中からドン引きされる国になった!
ここまで意外に速かったね。
さすがにスピード時代!