松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

「これがすべてを変える」9

このイギリス、チチェリーホールでの会議の章には、
二回日本の話が出てくる。
この会議が開かれたのは、2011年。
会議の2週間前に、福島の原発事故が起きている。
会議の開催中もニュースのトップは、
ずっとこれについてであったという。
「それでも、この大惨事に対する自称ジオエンジニアたちの認識は、
原発反対派がこの危機に乗じて、
新規の原発建設を阻止しようとするのではないかと、
心配する程度にすぎなかった。」
地球工学のハイリスクな野望は、何があっても、
止まることができない…

もう一つ。
この計画がどんなにリスクが大きくても、
いったん大規模実験が行われれば、
運用まで時間はかからないだろうことは、
過去の事例からわかっている。
マンハッタン計画に携わった科学者の多くは、
抑止力としてのみ使われる核爆弾を製造していると思っていたが、
最初の核実験トリニティの成功からひと月とたたないうちに、
広島と長崎に原子爆弾が投下された」

ネガティブな表現に「後ろむき」という言葉がある。
反対語はもちろん前向きである。
進行方向がどんなに間違った方向でも、
前に進むことこそ素晴らしいというのが、
科学技術信仰の信者の特徴です。
進むことが大事で、足踏みもゆるさない。
こういう価値観を、普通の人々も共有している。
時間をかけてじっくり考えるのもダメなのだ。

昨夜からいろいろやばいことが起きていて、
暗い気分になるが、
地球工学の会議で、二酸化硫黄を撒くには、
飛行機か長いホースかという話題で、
盛り上がっているのに比べれば、
戦争なんてずっとリアリティーのある、
ありふれた事といえるのかもしれない。

「これがすべてを変える」8

2011年のイギリスの王立協会の会議の報告では、
私は気が変になりそうであった。
イギリスの豪華な領主の館を保存した、
王立協会の持ち物であるその館に、
世界の著名な学者が集まっている。
費用はほとんどビルゲイツが持っていると。
(会議に出席はしていないが)
ここで行われたのは地球工学が、
温暖化にどう対処するかという会議である。

ざっくり言うとピナツボ火山の噴火を真似して、
成層圏に大量の二酸化硫黄を撒き散らし、
太陽の光を遮断しようというアイデアが真剣に討議される。
これには恐ろしい副産物や後遺症や未知のことが、
山盛りあるわけだが、
やる気満々で早く大規模実験にかかりたい人がいっぱいいる!
まず、私たちの空が永遠に空色で無くなる可能性がある…
大規模な干ばつが起こるのはほぼ確実。
これを一度やると終わりの無い永久の地球管理が始まる。

王立協会はそもそもあのベーコンの思想を根っこに持つ、
世界で最も伝統ある学術団体である。
人間の問題は人間が、最先端の科学が解決する!
という、言わば科学技術信仰の大本山である。
こういう考え方は日本でも非常に根強い。
年代に関係なく、例えばうちのばあさんや息子も、
これ系である。
技術の進歩が大好きである。
過去を賞賛することを嫌う。
過去だから良いわけじゃなくて、良いから良いだけなのに。

農業を例にとってみると、
過去にやってきた在来農法に切り替えるだけで、
CO2は格段に減り収量は減らない。
これは既に確立した方法であり、
リスクが無いとわかっている。
それでも過去のやり方に戻ることを、
決して許さない勢力がある。
巨大なアグリビジネスはそれを許さないし、
それしか無いと思わされているたくさんの人々がいる。

内部留保最高額!

f:id:natsuyono:20170925085859j:image

三井住友はアベのお友達写真にも写っていて、
かなり仲良しらしいが、
すごいですね。
同じ銀行で利益も似たようなものでも、
三菱が12.46パーセントで、それでも少ないが、
なんせ0.002パーセント、300万円って!
ただのようなものである。
私は三井住友の講座も解約したし、
ソフトバンクもやめたし、
実に正しかったと思うよ。
今度消費税を10にして、
法人税をもっと下げると言っているからね。

手習い

f:id:natsuyono:20170925071904j:plain

ばあさんの家の片付けはゴールが見えない。
台所から始まって、居間があらかた終わり、
爺さんの書斎、寝室が残っている。
結構大変でうんざりするのだが、
たまーに変な掘り出し物がある。
今回、なんと王羲之のお手本が見つかった。
義姉さんが高校で使ったものらしい。
これさえあれば、
まず一人で始めてもいいのではないか。
硯や墨はあるし、筆も幾つか持っている。
無いのは水滴だなぁ、
これだけは気に入ったのを買ってもいいのでは。
できれば古物のいいのが欲しいが、
あまり高くなくて気にいる水滴は、
何処にありや。
ということで、この秋から、
ついにお習字を始めようかと思う。
お得意の独学。笑
嫌な浮世を忘れられるでせうか。

それからすごい掘り出し物もう一つ。
上皿天秤!古いが新品同様で分銅もちゃんとある。
今頃はデジタルの正確な計測器があるんだろうが、
これはたたずまいが素晴らしすぎる。
惚れ惚れしてしまう。
これは娘が欲しいといっているので、
娘のところに行くと思う。

f:id:natsuyono:20170925072006j:plain


頭を抱える

新聞に中学生の読解力の分析結果が出ているが、
予想していたよりひどい。
文章が短文でも理解できていない。
考えることを拒否した結果であると思う。
本当に暗い気持ちになる。
人間は一体どうなってしまうのか。
すべての分野で後退していく以外ないだろう。
新たに何かを獲得する基礎がないのだから。

少し前、娘が新人が文章が書けないし、
深い理解ができなくて、どうしていいかわからない、
というようなことを言っていた。
大学を卒業していても、そうなのである。
頭を抱えたくなる。

ミサイルの避難訓練で頭を抱えている、
馬鹿馬鹿しい写真が世界中に発信されている。
これもどうかと思うが。
先日沖縄で米軍の落下傘降下訓練があったという。
落下傘で降りるという状況って、
やはり今でも戦争で必要なのだろうか。
あまりにも素朴な感じがするが。

何もかもが嫌になる最近の私。
さっさとあの世に行きたいよ。

も、り……

この本に度々出てくるのは、
こういう言い回しではないが、
悪い奴らがごまかし臭い、くだらない格好ばかりの対策を、
思いついては潰ししているのは、
時間の無駄であるばかりでなく、同じくらい悪いのは、
多くの人に、要するに事態は大したことないんだな、
と思わせる効果があるということ。
有名な環境保護団体が、呆れた裏切り行為で、
善良な市民の信頼を失うことは、
そのこと以上に広範囲に深刻な影響を持ってしまう。
これは福島第一原発の場合も当てはまるように思う。
一度人々がそういう感想を持ってしまうと、
ことの重大さを広めるのは二回目の方が大変になる。
最初はみんなどきりとするが、
平気なんだと思えば、忘れることができる。
だって、誰だって嫌な話は聞きたくないし、
安心させてもらう方がいいからね。

今の日本を見ていても、アメリカの話を読んでいても、
人はどこまで不誠実になれるのか…
嘘や裏切りはこんなにハードルの低いことなのか…
我が国は三権分立どころか、
愚かな独裁者と三位一体である。
私も清廉潔白じゃないし、意地悪なただの人だけど、
それでも、人の心は何にも増して恐ろしい。
も、もらる、とかって……
り、りんりかん、とかって……

ワイドショー作戦

今回の選挙は、先のイギリスの選挙を、
思い出させる。
メイはここで勝っとくかと思って慌ててやったら、
労働党に大躍進された。
しかし日本ではコービンのようにいい感じで運ばない。
ドブ板の訪問作戦で、
政策を知れば知るほど労働党を支持する人が増えた訳だが、
こちらは、ハナっから政策なんて聞きたくないと、
拒絶する人が多い。
選挙といえば政治の話そのものではあるが、
そこはすっぱり忘れて、
ワイドショー的なノリで、
あのアベっていう調子乗ってる有名人を叩く、
それに集中するという戦法しかないのではないか。
それならみんな大乗り気になるんじゃないか。
メディアが快く賛同してくれればの話だが…