読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

難しい問題

なかなかこれは重大な問題である。
この前描いたあの字、
手描きと思われないという事件発生。
これでは字を描いた意味がない!
オリジナル度の不足ということだろう。

よく考えたら以前私は「あるふぁべっと」
というシリーズで、字を描いている。
あの時は何と言ってもパーツに色が着いていたし、
絵のように字を描くというつもりで、
ジョイント部分に、装飾的なディテールをつけた。
しかし今回は文章になっていて、
扱いも小さいのでそういうわけにもいかない。
よく見ると曲線の感じは、
アルファベットと似ている部分もあって、
私の好きな線なのだと思うが、
こういう書体があると思えばそういう気もする。
結果的にデザインにぴったりの書体を採用した、
という意味なら、どっちでもいい事なのだろうか。

これはなかなか難しい問題である。
今もひらがなをがんがん描いている途中であるが、
日本の字の方が要素が複雑で、粗密の差が大きく、
いろいろな書き方が可能である。
あれに関しても、そう悩んで描いているわけではないが、
どう見ても既存の書体に見えない。
うーん、よくわからない。