読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

図書館、雨

ついに近所の図書館で、アースダイバーを借りてきた。
この図書館は私の借りたい本があったためしがなく、
わたしはおとなしく、ある本を読んでいたのである。
もしくは中央図書館から取り寄せて借りていたのである。

中沢新一の「アースダイバー」は、
うちの近所のしたがって図書館の近所の、
縄文時代の遺跡の話から始まる。
要するに「ご当地もの」だから、入れたんだな。
だから全然偉くない。
姉の図書館なんて早くも「キッド」が入っていて、
早速借りたらしい。
センスのいい(本の)いけてるお兄さんがいて、
いろいろ検索もやってくれるらしい。
姉は、あのお兄さんはわたしが行くと喜ぶ、
とまでいっていたが、
それは明らかに気のせいだろう。
おにいさんは素晴らしそうであるが。

毎日鬼のように雨である。
わたしのゴアテックスの雨具は、
もっぱらうさぎの散歩ように使われている。
雨がひどい時は、ズボンも着用に及ぶ。
ザーザーぶりでも、
わたしはお見事!かわかわである。
うさぎは、濡れねずみ。
雨の日は誰もいないので、豪快なボール遊びができるので、
決して嫌ではないようだ。
わたしにもう少し、投力、キック力があれば、
より豪快なんだけど、そこは残念。