読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

加計学園いってくれー!

森友より金額も大きく、
怪しさ満載の特区というやつの加計学園の問題、
国会でもネット上でも取り上げられてる割に、
メディアが報じない。
毎日新聞も何か関わりがあるとかで、
いつもの元気は見られない。
実はソーリーはこちらの方がずっとやばいので、
頑張って圧力をかけているんではないか。
まぁ、やばいの他にもいっぱいありそうだけど。
しかし、ついに地元の今治で、市民の要望を受け、
説明会が開かれて、紛糾しているらしい。
地元住民に知らせもせず、あっという間に決めたことで、
怒るのは当たり前である。
ここまで来れば報道が出さないわけにはいかなくなる。
たぶん。
特区の問題も含めて、これをしっかり報道して欲しい。
ここは恐ろしい子宮頸がんワクチンにも絡んでいるというし。
籠のおっちゃんみたいなおもろいキャラがいないと、
テレビはやんないのかしら。
そう言わんとお願いやで。

決まったからには、

昔フォローしてた人が、オリンピックに反対してて、
いろいろツイートしていたが、いざ決まったら、
「決まったからには、協力する」
っていうようなことを言って、
私はビックリしてしまった。
それ以降興味が薄れた。
彼女が問題にしていたことは何一つ解決していないのに、
決まったと言うだけで、もういいのか?
こういう態度が必要な局面も、
場合によってはあるかもしれないが。

しかし、日本にはこういう人が多いから、
政権はやりやすいんだと思う。
汚い手を使おうが嘘をつこうが、
決めてしまえばこっちのものさ、と考えるようになる。
手段が強行採決であろうとなんであろうと、
決めればみんな静かに支持に回ると、
確信しているのだろう。
彼女は頭も良く、いい人そうだし、
今もきっと頑張っているリベラルな人なんだろうが、
そのお行儀の良さと言うか、
常識をわきまえてるというか。
決まったことには従うという作法は、
どこから来てここまで蔓延したのか。
私には今んとこ謎である。

共謀罪

今世界の共謀罪の話読んでるけど、
これはすごいものだね。
民主主義なんてもんは、もはや夢の話である。
資本主義は行き着くところ独占だし、
資本主義と親和性が高いのは独裁な訳で、
現在の日本は形式的には民主主義の形を取っていても、
政治も官僚制も経済界も、
少数の悪い奴らのためにできてしまっていて、
次も次も悪いやつしか出てこれないんだろう。
いやぁ、本当に萎えるなぁ。
これどう考えても通過しちゃうだろう。
こんなに問題が噴出しても、
政権は転覆しそうにないし、
どんな悪法も法律なら従えという、
国民が多いのは何故なんだろう。
お上にたてつくなんて許しがたいという人が、
いっぱいいるんだなぁ。

私はどっちかいうと凶暴罪でお縄になるかも。

サクソンの兵士

f:id:natsuyono:20170410191031j:image

日本の昔の人の着物は、
なんだかんだで映画やテレビで見る機会があるが、
外国のものとなるとやはり想像しにくい。
この前から読んでいたサトクリフの物語にしても、
いまひとつイメージがわきにくい。
第9軍団のワシは映画を見たことがあるが。
たまたまMatthew Wardさんのツイートに、
サクソンの兵士の写真が出てきた。
手前の人が着ているのは、鎖帷子である。
もっと袖もあって裾の長いのも本には出てきた。
これは簡単なタイプかもしれん。
お髭を三つ編みにしている。
割に強そうな感じはしないけど、
サクソンの兵隊は非常に背が高く大男らしい。
これは足まで写ってないからわからないが、
体格は良さそうである。
怖そうでないのは、
やはりこれ、葵祭的なものだからだろうな。

 

密かな決意

昨日は息子のお嫁さんご懐妊の報告があった。
私は動物の赤ちゃんはどれでも好きな方だから、
さぞかし可愛いだろうと思う。
心配はただ一つ、
息子が溺愛し綺麗綺麗に育てるに違いないことである。
私はどんなに嫌われようと、
不潔の権化と化し、うさぎにも手伝わせ、
(隙を見て舐めるなどさせ、)
立派な細菌叢の持ち主になれるよう、
頑張ろうと思う。
贈り物は細菌 ♫

「一」についての訂正

今気がついたが、
「一概に言えない」という表現では、
「一」をいつではなくいちと言うね。
もう二つ「一様」「一応」というのも発見した。
漢語における、「一」は「いつ」と読む事が多いとは、
一概に言えない、かもしれん。
だいぶ前に書いたこと、一応、

お詫びして訂正しておきます。

 

曖昧なこと言うててもあきまへんなぁ、
という事で、
こういう時にこそ、字通だろうと、
白川先生の字通を開いてみた。
読みとしては、最初にいつ、次にいち、となっている。
ざっと見ていつの方が多いようだ。
「一気」のような小さいつも「つ」なので。
「一」のつく言葉はいっぱいあって、
面白いねぇ。
一抹の不安があったので、一計を案じて、
字通を調べてみたら、一気に解消した訳でもなく、
一般的には、どちらとも言えないかもしれない。
以上