松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

怒りっぽい、、

今月号も世界に金平さんの、

赤木ファイルの2回目の記事がある。

「認諾」の顛末が書かれている。

国側は裁判を終了させるために、

丸呑みしたと言うことです。

このまま裁判が続けば、

証人としてさまざまな人が呼ばれるのは、

避けられない。

また改竄の事実が明るみに出て、

立場を無くすのは、

財務省本庁だけにとどまらない。

改竄の事実を知りながら黙認した組織は、

近畿財務局、大阪地検特捜部、

会計検査院大阪航空局など。

こちらも責任が問われることになる。

強制終了のための認諾が許されるなら、

国を相手の裁判で、

裁判の中で事実を明らかにするという道は、

閉ざされる。

だが、あっさりと裁判所は認める。

この時の、認諾を語る国の代理人の言葉、

代理人たちの態度、

いずれも凄まじく卑怯で、

誠実さのかけらもない。

一度も目を合わすことなく、

居ないかのように扱われた雅子さんの、

気持ちを想像すると、

内臓がねじれるようです。

金平さんも政府が用意した書面をよんで、

吐き気がすると書いている。

こう言う記事を読むと、

信頼感なんか湧くはずがない。

薬屋さん同様に、

最低の先入観が形成される。

私はいろんなことに怒ってばかりいると、

言われるし、

それが、超不人気の理由だ。

私怒りっぽい?のかとも思うけど、

こういうの読んで、

腹が立たない人がいるとしたら、

そっちが不思議だなぁ、やっぱり。