読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

「裏山の奇人」さわり

娘が勧めてくれた「裏山の奇人」をゲットした。
あまりにも面白そうなので、買う事にしたのだ。
若き生物学者小松貴の著作である。
昆虫が専門。

中でも好蟻性昆虫というジャンルである。
こういう括りがあると初めて知った。
地球上で上手く繁栄している生物として、
昆虫は知られるが、中でも蟻は手広くやっている。
何かで読んだが、地球上の蟻の総量、体重の合計は、
人のそれより多いという。
だから蟻を好んで食べるとか、様々な形で、
共生関係にある生物もまたたくさんいる。
哺乳類ではあのアリクイやセンザンコウだし、
昆虫もいっぱい。

南方熊楠の再来かという呼び声も高い新鋭であるが、
奇人ぶりではまだかなわないと思うが、
生物学者としての能力はなかなかにすごい。
面白すぎるので、読み終えたら改めて紹介する。