読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

東京新聞より

朝刊に法政大学総長の田中優子さんの文章がある。
この人は粋に着物をお召しになったりする、
とても綺麗な女性であるが、
私は以前から気があうなぁと思っていた。
日本でノーベル賞にふさわしいのは、
石牟礼さんの苦海浄土であるという事を言っていたからだ。
私もそう思っていた。
水俣方言は翻訳不可能だが、この本が、
世界中で多くの人に読まれればいいのにと。

今回の文章も差別や人権侵害に対して、
多くの人々のそれを許さないという言葉を発する事が必要、
というお話であり、
最後の方に苦海浄土からの引用がある。
また、いつも文章のチェックをしてくれる、
総長室長の先生のアドバイスのやりとりについて書いている。
この先生も素晴らしい方と見える。
言葉はこういう風にやり取りするためにある、
という例としても重要であるが、
全て自分の手柄にする事が可能な立場にあって、
それが普通の現在にあって、
人のアドバイスによって、考えが明確になったり、
新たな視点を獲得するという事をはっきり書いている。
この人はなかなか素晴らしい。
法政大学は良い学校だなぁ。