読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

金沢へ出張1

お久しぶり。
日、月と、金沢の姉の家に行ってきました。
今回の旅の目的の一つは甥っ子の家で、
17歳で死んでしまった、
ゆうとくんのお参りをする事でしたので、
まずそれでした。
思い出話をしようにも、お母さんが、
ハラハラと泣き始め、桜餅をいただきながら、
よもやま話で退散しました。
全然悲しみは癒えとらんかった…

姉の家は私クラスの方向音痴でも絶対迷わない程の、
わかりやすい場所である。
駅からまっすぐな一本道である。

まずお昼を食べて作戦会議をして、
近所のニトリに棚を買いに行く。
私はニトリの看板を見るとどうしても、
ワを入れたくなる。
なんで、ワを抜かしたんだ!
棚は精度が今ひとつだったが、なんとかできた。
仏壇の下の棚も二段にした。
ミニ仏壇は結構可愛くて気に入った。
作ってもらった小さい床の間も、
さすがに材料はアレだが、まあまあかな。
軸や香炉や鉄線の花瓶が同じものだから、
畳の部屋は実家のような気がする。

f:id:natsuyono:20170207095256j:image

姉の友達の絵や私の描いた絵、
うちに昔からある古い古い仔ウシの絵など、
5枚の絵を場所を決めてフックを打って掛けた。
鏡も取り付けた。
納戸部屋の古い箪笥に、着物などを納めた。
引越し時のダンボール箱をまとめて、
捨てられるように縛る。
燃えないゴミをまとめて袋に入れる。
などの作業をやった。
姉の家は収納が結構十分にあって、
もっと上手く片付けられそうだが、本人が、
もうこれ以上キレイにする必要はないと、
きっぱり断る!ので困ったものである。
私は台所をもっとやりたい…

マンションはやはり素材的に味気ないものだが、
いろいろの工夫でカスタマイズするしかない。
幸いこの家は古いので、
その分天井高がありゆったりしている。
東京のマンションに比べるとずっと広い感じ。
8階で角部屋なので眺めはいいし、
すぐご近所は謎のお大尽の大きなお家が多い。
海は見えないが…山がうっすら見える。
晴れているともっと綺麗らしい。