読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

イギリスとEUの話続き

そして労働者の状況はどうかといえば、
移民に職を奪われ、不満が募っている。
意外にもEU圏外からの移民はコントロールされているが、
圏内からの移民が増え続けている。
例えばギリシャやスペインから。
移民は自国で食べられないから出稼ぎに来るわけだ。
これが、例えばギリシャの話でいうと、
財政破綻金融危機で、失業率は60パーセントを超える。
スティーグリッツはこう批判している。
欧州委員会IMFヨーロッパ中央銀行が、
ギリシャに強要した経済改革プログラムのせいだ」と。
また、これもあっけにとられる話だが、
2004年から2014年までEUの大統領とも言われる、
欧州委員会委員長を務めた、元ポルトガル首相、
J.M.Dバローゾは、退任後、
ゴールドマンサックスのヨーロッパ法人会長になる。
でたっ。
ゴールドマンサックスは、
EU加盟時のギリシャ政府のアドバイザーであり、
EUがギリシャ制裁する際のEU側のアドバイザー、!
ギリシャの超緊縮政策と引き換えに、
EUが支出した金は、
ゴールドマンサックスに還流したのであり、
この時の会長がバローゾであった。
寄ってたかってギリシャを食い物にし、
移民を作り出していたのは、
EUを牛耳っている人たちなのである。
EUも、だし…