読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

イギリスとEUの話

EUを出るかどうかの国民投票の時、
それぞれの主張をする政治家がいたが、
この著者はどっちにしろだいたい同じだという。
チャーチルを例にとって。
英国はヨーロッパ合衆国に協力する。
しかしそこには入らない。
Britain with Europe ではあるがin Europeではないと。
英国が有利にならないようなEUはいらない。
残留派も懐疑派も、英国の
(英国のエスタブリッシュメントの)利益になるなら
EUを利用するという考えである。

例えばEU加盟でどんな得をしたかの例。
域内の農産物を保護するために、
加盟国がお金を出し合って作った、
欧州農業保証基金というものがある。
各国に還付されたお金の分配は国に任されている。
フランスでは農民が手にしているらしいが、
イギリスでは貴族の懐に入っている。
英国では農地の広さを基準に配分された。
びっくりしたが、
英国では土地の三分の一は貴族が所有している。
広大な土地を、
千数百人の貴族とそのファミリーが所有している。
イギリスではこの農業振興にためのお金が、
ほとんど貴族の不労所得になっている。