読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

アフリカ

古い「世界」で、自衛隊が、
「駆けつけ警護」という謎な名前で、
派遣された南スーダンのことをちょっと読んだ。
知ってはいても、やはりアフリカの問題は、
ものすごく暗くなる。
19世紀、コンゴはベルギー国王の、
「個人的な持ち物」だったそうである!
はっきり言って、元はと言えばかつての宗主国様が、
引き起こしている事である。
独立したって言っても、全く背景は変わっていない。
白人はどうしてこんなに「偉い」んだろう。
分断して統治する、そのセオリーが、
今も引き継がれている。
アメリカの仰せの通りに、
アフリカでの軍隊の展開に、日本は駆り出されている。
ずばり戦争屋の手先である。
戦争屋のパシリである。