読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

「チベットの先生」2

この本に書かれている仏教の考え方には、
目も覚めるような、納得できるものがある。

例えばこの世で人が行うどんな行為も、発言も、
目の前ですぐ起こるとは限らないが、
巡り巡って、何かに影響を与えている。
だから常に常に自分のやる事、考える事を、
意識し続ける事が大事であると。
だから修行というのは、自分の心と常に向き合い、
深く掘り下げて奥まで意識できるようになる過程である。
こういう事を続けていくと、
他の人の心の中も読めるようになるし、
これから起こる事を予感する事もできるらしい。
いろいろお見通しでありながら、
溢れるような優しさを醸し出しているのが、
立派なリンボチェなのである。

自己愛の一つの典型である自分の体への愛を捨てる、
チュウ(切断の法)という修行が怖い。
自分の身体への執着から自由になるために、
怖い魔物をわざわざおびき寄せ、
自分の身体のイメージを切り刻んで、
お供物として捧げるというもの。
この修行については、
体をズタズタに切り裂かれて死んだ人がいるとか、
怖い話もいろいろ聞いていて、
ケツン先生もはっきりって怖かったようである。
現在の日本は自己愛丸出しで、
毫も恥じるところのない人間がうようよいる。
それ自体が恥ずかしい。
少しは恥じろ…

こう言う話や、
偉いリンボチェが死んだ後消えて無くなる話や、
そもそも活仏と言われる生まれ変わりという考え方など、
科学的根拠を言えば、ありえないと言う事になろう。
科学とは、現時点で人間が証明できる事柄の事であり、
それも間違っている可能性もある。
世界のすべてをそれで知ったつもりになる事こそが、
甚だしい思い上がりである。
修行の過程がどんなものであれ、
最終的に暖かい賢明な人間が出来上がるなら、
それですべて良しではないのか。
私もスピ認定されたか?
スピリチュアルと言われても構わないが、
「系」をつけるのだけはお許し願いたい。
系の、なんという軽さ…
松井さんはスピリチュアルの人らしいよ、
と言うのなら(どういう事かよくわからんが)
いいです。笑

チベットの先生」中沢新一