読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

スピリチュアル、

この間娘と話していて、
農業とかに興味を持ってやってる人の中には、
スピリチュアル系っぽいのが結構いる、
というのが最近わかったというのがでてきた。
なるほど、あるかもねーである。
スピリチュアル系って具体的にどんなの?
と聞くと、いろいろあって、
宇宙好きとか、タロット占い好きとか、
アミニズム系とか、なんかいろいろなパターンがあると。
それってひとつひとつは、私だって、
好きと言えば好きである。
特に変なこととは思えない。
でもそういう人は宇宙といっても、
宇宙のパワーを受け取るとか、
宇宙の中にピンクとかで発光しているようなものが、
描かれた絵を好んだりするらしい。
そうなるとちょっと私と違うかと…

実際自分が、
スピリチュアル系と思われたらちょっと嫌だ。笑
もう思われちゃってるかなぁ、と心配になった。
じゃあスピ系とそうでないのの違いは、
どこなのかという話になる。
娘は科学的な態度があるかどうかだと言うが、
科学者の中にも科学万能主義的なヤバいのが、
いっぱい思い浮かぶから、
そこは違うんじゃないかと私は思う。
科学的かどうかに関わらず、
狂信的、排他的にならず、
常に客観的にものを見るという態度ではないか、
という話をしていた。

今読んでいる「チベットの先生」である。
チベット密教と言うのは、
よく考えたら、
スピリチュアルの大元締めのようなものである。
しかしここに出てくるラマたちは、
スピリチュアル系とかといえるような、
生易しいものではない。

まぁこれについては、またにする。