読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

本物の焼き芋

誕生日のプレゼントで急に思い出したことがある。
娘が年長さん息子が年少さんくらいだったと思うが、
娘が弟の誕生日に、
どうしても焼き芋をプレゼントしたいという。
それはまあ、いい。
息子の誕生日は1月だから、シーズン中でもある。
問題は焼き芋屋さんで買いたいという条件であった。
焼き芋は家でも作ることもできるし、
八百屋さんで売っているところもあるが、
それではダメだと。
どうも彼女には、
本物はあれだ!という信念があったようだ。
しかし焼き芋屋さんは、
たいていたまたま呼び声やなんかで出会うもので、
何時にどこにいるかはわからない。
私は本当に悩んだのである。

私がなぜ知っていたのかは今となっては謎だが、
青梅街道沿いに古い立派なお店があって、
そこが焼き芋屋さんの元締め的なものであることを、
思いついた。
そこに行って聞いたと思う。
結局どこで買ったか覚えていないが、
(和田堀公園だったような気もなんとなくする…)
娘は焼き芋を丁寧にお菓子の空き箱かなんかに入れて、
パッケージしていたのは覚えているので、
見事に本物を購入できたのは間違いない。
弟はさほど感動しなかったような記憶が…