読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

伝通院

昨日のお葬式は伝通院というお寺であったのであるが、
やけに聞いたことあるなぁと思ったら、
超有名なお寺であった。
歴史は室町時代にさかのぼる浄土宗の寺である。
江戸時代には、徳川の菩提寺で寺領860石という。
一時は1000人を超える学僧を抱えた学問所でもあった。

やたらと色々な本に名前が出てくる。
永井荷風には「伝通院」という随想があるそうだが、
それは読んでない。
夏目漱石にも出てくるし、
幸田露伴もこのそばに住んでいた。
伝通院の出てくる小説や随筆の例は山のようにある。
小石川伝通院という名前で出ることが多い。
たぶん江戸、東京の住人には、
非常に重要なお寺であったのだろう。
とにかく歴史もあるでかいお寺である。
アメリカの空爆にあって、跡形もなく消失して、
現在は再建された新しい建物である。
焼けていなければ、学僧たちの寮もあったというし、
この前行った永平寺的な、さぞ立派な様子だっただろう。
初めて行ったが、
高台にあり周辺にお寺や神社が固まってある。
東京にはこういうところもあるのかと面白かった。
空襲と開発で、
東京の歴史的側面は非常に見えづらくなっている。
それに広いから、よそから来た私には、
知らないところがいっぱいある。