読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

お葬式に、

今日は葬式に行ってきた。
古い知り合いが、私より若いのに、
突然死んでしまったのである。
東京の葬式は、
吹きっさらしの外に立っている場合があるので、
ワンピースの喪服は寒かろうと思い、
黒のズボンと母の形見の黒のベルベットのブラウスにした。
ズボンは20代の時に買ったタキシードのズボンで、
今も問題なく履けるのがすごい。
ベルベットは光るからダメという説もあったが、
ネットで見たら一般の参列者ならOKと書いてあったので、
マットな黒いスカーフで隠しめに。
道に迷うのが特技の私は早めに出たので、
室内のあったかい席をゲットできた。

実は亡くなったこの彼は、
息子の卒業制作展を見に行った時、
偶然大学のキャンパスで会った。
彼の息子はうちの息子のクラスメートであったのだ。
そんなんで彼には一度会っているが、
当時同じビルを借りて働いていた他の人たちは、
皆35年ぶりくらいという感じで、
二人は発見したが、1人はいろんな人と話していたし、
もう1人はなき濡れていたので、
結局誰にも声はかけずじまい。
それぞれカラカラに乾燥しきっていたり、
特徴的だった天然パーマの頭髪が、
跡形もなく失われていたりで、
なかなかの変貌ぶりだったが、
当然お互い様なわけで、
私のことも気がついてくれなかった。
ま、そんな寒い1日だった。