読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

器用な手の話

味噌作り講習会を2回終えて、

参加者は2回とも楽しかったと感想を述べてくれたのは、
とても嬉しい。
料理は楽しい。
人間は器用なのでいろんな事ができる。
私は我流でもいいから完璧でなくてもいいから、
いろんな事ができる方が断然いいと思う。
その方が楽しいから。
私の一代前の人たちはもっといろんな事を自分でやった。
今の人は能力を使いきっていないもったいない感じがする。
私も全く自己流で好き勝手にやっているんだけど、
それでいいじゃないかと思う。
自分でやってみるのがいいのは、自分が下手だとわかる事、
なんでもやってみると案外難しいという事が、
わかる事である。
それがわかれば完璧なプロの技に、素直に脱帽できる。
素晴らしい本物に、十分な価値を見出し、
もしそれが商品なら惜しみなく適切な対価を払う事ができる。
今、とにかく安ければいいみたいな流れになっているのは、
人があまりにも何もやった事がないからではないか。

器用な手の事で言えば、アライグマも流石にとても器用!
少し前みた動画の中で、
うるさい仔犬にうんざりしたアライグマが、
そいつをどけようと、足をつかんで引っ張っていたが、
あんな手の使い方は、サル以外で見た事がなかった。
すごく面白かった。
アライグマの手の使い方は非常に人間っぽい。
彼なら麹をほぐしたり、
味噌を混ぜたりできそう。笑