読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

季節の味覚

うさぎちゃんは相変わらず、毎日のように、
蝉をいただいています。
庭での楽しみは、断末魔の蝉を見つけること。
これを発見すると、
もうおめめがキラリンッになってしまう。

前にも書いているように、うちの庭は、
決して広くはないが、蝉の一大生産地なのである。
土のある所は穴だらけである。
であるからまたここで卵を産みつけようというものも多いのだろう。
昆虫は次世代の仕込みが終われば、
やるべき事はやったかなという感じなので、
我が庭は断末魔の蝉がいる確率も高いのではないかと思う。

今までの犬たちはここまでじゃなかった。
うさぎは実に野生的である。
結構面白いけど。
蝉も最後はうさぎの腸内の常在菌の健全性に貢献し、
多少は血となり肉となり、
食物連鎖的にはこれでいいんじゃないか。

私はうさぎちゃんには蚊を食べて欲しいけど。