読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

羊羹料理

だいぶ前にもらった羊羹が、なかなか減らない。どうしたもんかと気になっていたらしく、夢を見た。 夢の全体像はあまり覚えていないのだが、一つのシーンだけは割と残っている。それは誰かが作った立派な羊羹料理である。そうかこういう風にして食べればいい…

涙こぼれる

「国連会議」の会場で。空席の日本政府席。「もしあなたがここに居れば」と書かれた折り鶴がおかれています。志位さんついとより 核兵器禁止条約にしても、原発再稼働にしても、森友のいろいろにしても、種子法にしても、もう、情けなさに涙こぼれるよ…どう…

種の独占

巨大農薬・種子企業の合併・買収が進んでいる。一昨年、ダウ・ケミカルとデュポンが対等合併して「ダウ・デュポン」となることを発表。昨年2月、中国化工集団がシンジェンタの買収を発表。昨年9月、モンサントがバイエルによる買収提案を受諾。関係国での…

銀頭ボラ

最近姉はシルバーボランティアに登録した。そしてついに初仕事の命を受けたのだ。なんとそれは花見茶屋で団子を売る任務だった!!これは、私も想像していなかった。兼六園でお花見時に、花見団子を売るお手伝い!!大笑時代劇かよ、茶屋のばあさんって!し…

秋明菊!!

シャクヤクの赤い芽が出てきているが、どうも例年に比べて花芽が少ない。今年は牡丹も芍薬も不調である。原因の一つはシュウメイギクであるのは確か。今もいたるところから芽が出てきていて、土の中を指で探っていくと、驚くほど深く広く地下茎が伸びている…

鶏肉の話

http://seikatsuclub.coop/item/hitomonokoto/smp/20160915.html生活クラブ生協のニュースからですが、秋川牧園という鶏肉を作っている会社の話。 「現在、国産と表示されていても日本の肉用鶏の約98%は、外国の育種会社で品種改良した親鶏(種鶏)に由来す…

裸ん坊で餓死

我が国では衣料品の自給率は、4パーセントだそうです。メイドインジャパンの服はたったの4パーセント。我々はみんなだいたい中国製などの服を着ている。 私の子供の頃、50年くらい前までは、そうではなかった。イギリス製の生地、フランス製の服などは、高級…

呼び付けて怒鳴る

谷さんという人は罪をなすりつけられた上に、官邸に呼び出されソーリーに怒鳴られたんだと。この人は嘘をついてもいないし、職務をこなしただけで何一つ悪くないのに。ノンキャリアだからなのかと思ってしまう。呼びつけて怒鳴るということを、彼はよくやる。…

ネトウヨに絵本を!

だんだんばれてきてると思うけど、ネトウヨってのは右翼とは特に関係もないし、たいそうな特定の主義主張があるわけではない。アベを礼賛し、アベに対立するものを、寄ってたかって叩くために、彼らが自分たちで準備して維持管理しているツールです。嘘と知…

また絵本のこと

絵本のことをまだ考えているんだけど、いい絵本とはどんな本なのかは、意外に説明が難しい うちの子どもたちのことで、考えてみると、ふとした時に大昔に読んだ絵本の事を覚えていたりして、こっちがビックリする。本全体のこともあるが、ちょっとしたディテ…

絵本

親切な友人から古い本を譲ってもらった。これは名作である。絵も素晴らしく文章もいい。調子に乗っていろんな絵本を次々に読んだが、やっぱりいいなぁ、絵本は。私はたくさん持っているわけではないが、あるのは選りすぐりの粒ぞろい。少数精鋭である。子ど…

ちやほやについて

親が子供を慈しみ可愛がることをいう、「蝶よ花よ」という言葉があるが、ちやほやはこの略という。ちはいいけど、「ほ」はいいのか、「は」じゃなくて、とも思うけど… 男児にもいうが、特に女児に対して使う。ま、昆虫はともかく花は女性用かも。男児ならば…

お育ち

家が金持ちでそこそこ見栄えもよく、ちやほやされて育ったら、ろくなもんにならんという例は、ま、いっぱいあるわけです。今突然、ちやほやってなんだろう…疑問が、後で調べてみるわ。 ところが稀にそういうお育ちでも、えらいもんになる人もいる。この前読…

まず諸悪の根源を。

夜の海外特派員協会の話では、フェニックスなどからも質問が出て、籠のおっさんは極右思想を盛大に撒き散らしていた。全くいただけない。しかし現政権をひっくり返すためなら、悪魔とだって手を組むつもりである。籠のおっさんの破壊力を利用するしかない。…

ゆるキャラの必要

誰かが「そんたくん」というゆるキャラがいると言っていたが、まさに、まさにだいぶ前から、私はこれの事を考えていた。上目遣いの卑屈な感じの、小役人的なイメージでいけるんじゃないかと。 手に持つくらいの小さいタイプも必要だね。 ポッケから出してそ…

こんな笑えるものだとは!

「はしごをかけたのは松井一郎だという認識を持たなければいけない!!」と下地幹郎が絶叫!! 大島英二さんついとより これ読んで、笑いの発作に襲われた。信じられん!絶叫、って、はしごって、あんた、、

籠のおっちゃんの印象

国会の籠のおっちゃんの話を少し聞いたが、日本語でちゃんと通じる人という印象。 普段のソーリーやイナダの意味不明な答弁や、官僚の、全ての言葉の後に、めちゃくちゃなつながりで、ございます、もしくはございませんが付く、きみの悪い官僚言葉を聞いてい…

元気が出ない

もうね、なんか嫌になる。書類は捨てたと言い張るし、出てきたものは真っ黒だし。日本の種は失われようとしているし、抵抗すれば逮捕だし、みんな貧乏になって、静かに病気になって死んでいくんだなぁ。 愚かなり愚かなり。哀れなり哀れなり。

どうしたもんかのう

ぜんそくや花粉症などのアレルギー疾患は、ここ数年で患者数が急増して、国民の2人に1人の割合!news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_so… 生後一年間に16回もワクチン受けるとしたら、原因の一因に成り得る。それを予感させる発表がpmda.go.jp/files/00021694… …

小ネタがあれば幸せ

春の葉っぱが美味しいです。かぶの葉は、おじゃことアミの干したやつを入れて、ふりかけに。菜花はあぶったおあげを入れてからしを少しかいて、醤油麹でおひたしに。蓋物には野生のふきのとうで作った味噌が入っとる。おじゃこはオリーブ油とお醤油につけお…

「け」絵札

「けむしは けーきを ねらうのか」 けむしと言うのは、蝶や蛾の幼虫で、毛がもしゃもしゃ生えたもののアバウトな総称です。毛のないものはいもむしというのかな。毒があるとは限らないが、この絵のモデルはまいまい蛾の幼虫で、これは要注意。

励まし禁止

山城さんの釈放は外遊先でアベが非難されないため、とも言われていますが、もう一人の高橋さんの解放を求めて、多くの人が塀の外に集まっています。今、塀を高くする工事をしているそうです。なんと中の人を励ます声や、歌が、聞こえないようにするためだそ…

「無常の使い」

やはり涙は止められなかった。水俣病を患いながら、闘い、闘うことで前から後ろから、矢を受けなければならなかった人たちの死は、本当に壮絶で、厳しいものであった。彼らは本当に強くて優しい。あの境地と言うのは、血の滲むような日々の果てに来るのであ…

お詫びと訂正

またもや、私の間違いが発覚。 やま登山客の詳しい調査によれば、なんと20年代には横組み公用書類は、カンマ、ピリオドを使うべしという、文部省のお達しがあったそうである!理系の論文などではこの表記が多いと。現在、実ははっきり明文化された基準がない…

異議あり!

「職人の近代」はみすずの本である。みすず書房の本はよく読むのであるが、どうしても気に入らないことがある。表4に、本の内容の要約が出ている部分があるが、ここの文章が、横組みで、句読点が、「、」「。」ではなく、「, 」「.」を使っていることである…

本到着なり

近所の本屋に注文していた本が届いた。嬉しいなぁ。三冊注文したが、一冊はまだ出ていない本なので、もう少し待つことになる。その本は「キッド」の著者ダンの次の一冊である。これも楽しみにしている。 まずは石牟礼さんのご本から読み始める。「無常の使い…

このデザインはどう?

ちなみにこのデザインはどう?菊、桜、日の丸の凄い合体。これが日本の津々浦々まではびこるに至っている、今話題の日本会議のバッチらしいです。

うるさい話

昨日の手ぬぐいだけど、実物は当日まで、見ていなくて、写真をメールで送ってもらったのですが、デザイナー氏は青の色気が気に入らなくて、色出しの時確認すれば良かったとか、めっちゃうるさいことを言って、染物なんだから多少は仕方ないとかって、私も実…

パーチー

昨日は夫の退官記念のパーティでした。私はパーチーというものが苦手で、なるべくはパスしたいのですが、これは行かないわけにいかず、うさぎを含む家族全員で参加しました。長く教員を務めたので、たくさんの教え子が集まり、なかなかの盛会でした。きてく…

ひろじさん、お疲れさま!!

昨日は忙しくてニュースを追えなかったのですが、夜ひろじさん釈放のニュースで、本当に良かったと一安心しました。あとは組長です。男組という差別にプロテストしているチームの親分ですが、この人も不当な長期化です。早く出してほしい。ひろじさんに関し…

茨の道

昨日はまた凄まじい勢いでいろんなことが起きて、もう私ですら眠れなくなるレベルでしたね。まず、那覇地裁でひろじさん保釈の決定が出たが、検察が抗告したため、保釈はなくなった。がっかりしています。これは拷問であると言えます。沖縄関連はすがマター…

噂の緑の卵とうり坊

うさぎ(本物)

お口直し

あまりにひどい翻訳本を読んだせいで、これはお口直しが必要だなと思い、昨日は本を注文してしまった。 そしたら今朝の新聞に、もう一冊買わねばならん本の広告が。藤原書店から石牟礼さんの、「無常の使い」という本が出た。亡くなった方々への追悼の言葉集…

かけらもない人たち

現政権周辺の政治家にしても官僚にしても、自己愛の非常に強いタイプで、損得で考え、人を蹴落として来たお金で動く人たちだから、こと問題が起きると、本当に躊躇なく、人のせいにしてあっさり人を見捨てる。義理人情なんてかけらもない。籠のおっさんはイ…

「え」字札

その後エミューは公人か私人か、枝豆の代金はどこから出ているか、などの質問に答えて官房長官は、このエミューは公人でも私人でもなく、私鳥であり、なんら問題はない。えだまめ代として税金は一切使われていないと語った。また同時に、子育て支援などする…

庭(うさぎ入り)

アネモネは適当に植えたので、下にヒヤシンスの球根があって、今すごい混乱状態になっている。ヒヤシンスに悪いことをした。芍薬はなんとなく前年の枯れた茎が見えるので、避けられるが。あと秋明菊がはびこりすぎて、多分そのせいで白いボタンの花芽が少な…

「え」絵札

「えみゅーは えだまめ たべまくる」です。 鮮やかな美しい色のものが多い鳥類の中にあって、まさにその、その中にあって、私はエミューを選んだのであります。エミューは大変地味である。いわば、さえない外見の鳥ではありますが、私は最高責任者として、ま…

手羽元のおかず

最低に気分の悪い今日この頃、みなさんいかがおすごしですか? さて、鳥の手羽元の黒酢煮です。昨日のおかずですが、あっためないで、今日は冷たいまま食べました。コラーゲンの固まったやつ、煮こごりが美味しいから。いつもは玉ねぎを入れますが、長ネギが…

底なし

ネオニコチノイドの話だが、巣に帰れなくなって死ぬというのが、私には実感として恐怖です。蜂は迷子になって死ぬのです。帰巣本能というくらいで、これは本能。獲得したものではなく、すべての蜂が、生まれた時から持っている能力のはずです。神経系のどこ…

「れ」字札

教育は恐ろしい

イナダの場合、誰かに言わされてとか、ソーリーの覚えがめでたいように、とかで言ってるわけじゃなくて、本当に心から、国民の生活が第一なんていうのは間違っている、とか、教育勅語は素晴らしいとか、思っている。そこが実に怖い。彼女自身が洗脳された子…

「れ」絵札

「れんこん もらった れっさーぱんだ」です。 レッサーパンダは可愛いので、つい本当に、可愛くなってしまった。特にこの見事なしっぽです。どの動物も、骨格を見れば、しっぽの骨は先細りになっています。それなのに動物によっては、先っぽに行くほど太いや…

どや、立派やろ?

Giant African Land Snail. アニマルライフのついとより キングおぶでんでん虫ではないか? 堂々たる風格。 気品ある面ざし。 完全にかっこいいだろ!!

消された動画に関連して

あの動画はなぜ削除されたかと考えると、やはり現政権が蛇蝎のように嫌っている、菅元総理を評価している点ではないかと思います。作者は、個人的にもよく知っているようで、はっきりと彼を評価していると中で言っている。 アニメのような形で、日本に原発が…

気が滅入るぜよ

「ふるさとを捨てるのは簡単だ」by今村雅弘復興担当大臣 これがNHKの日曜討論の中で出たという。こういうのを見ると本当に日本すごい!と思う。すごすぎて気力も萎える。捨てるって、なんや。復興大臣ってなんや。 やはり類は友を呼ぶのだろう。現政権はたち…

福島の番組

https://vimeo.com/207604996 イタリア人ジャーナリストの福島の番組。 11日より1週間無料公開。 日本の局は全て放映を断ったと。

CIAのリークの話

マルウエアに関してCIAのやっていることが、ウィキリークスによってリークされた。マルウエアとは、不正かつ有害に作動させる意図で作られたソフトの総称。 我が国は諸々のニュースで手一杯というか、スノーデンやウィキリークスの、リークについての、報道…

蓋ゲット

救世軍で蓋をさがしたら、こんな漆塗りの上等があった。どうせなら体も買おうと思ったが、合う体が発見できないので、蓋だけ買った。うちの器の中くらいのサイズならどれでもあう。実に便利や。 隣は庭のバラについた実です。ローズヒップのお茶にしようと乾…

黙祷

黙祷3月11日がまた巡ってきました。多くの人にとってあの日は忘れられない日であろうし、あの日から生活が一変し、今も変わらぬ苦労の連続の人たちも、まだまだたくさんおられる。私にとっても実に忘れられない日々であった。私なりの覚悟を持ってこれからの…