松井なつ代のやま

ステンシルのイラストや本の紹介、麹の話、そのたいろいろ。

麹ともの会

味噌その他

現在国内で生産されている大豆は、だいたいが白めと言って、お豆の蝶番のところが、白っぽい。在来種には黒めも多いが、この大浜大豆は、薄い黒で、茶め、ぐらいの感じである。産地は、珠洲市狼煙(のろし)、名前の通りズバリ灯台のある所です。大昔狼煙の灯…

ジェンダー

よだれかけプレゼント企画のために、久しぶりに味噌作り妊婦さん達に、メールを出した。一人は男児出産済み、もう一人は男児出産予定、もう一人は女児出産予定であった。私ははっきり言って、全体的に、ジェンダーにこだわる方ではないが、赤ちゃんに関して…

甕げとや

今日は全国的に土曜日なので、しめこのうさぎ、とばかりに、救世軍に行ってきた。甕を二個買った。二つで1000円。あと割烹着あるかなぁと聞いたら、ドサリと出てきてどれでも400円だというので、二枚げとした。もう物はなるべく買わないつもりなのに、ここは…

味噌日和

味噌作り講習会用に買った大豆が、多かったので、連日味噌を作り続けている。自分用と贈物用である。今日はパネットーネのお礼に、ミラノに少し送ってみたが、うまく着くだろうか。品名はsarsa di miso と書くといいと、書いてあったのでそう書いたが、味噌…

会長の決意

味噌づくり講習会は、うちの狭い台所だし、一度にちょっぴりの人しかできないんだけど、それでももう四年になる。一回目の参加者で娘の大学時代の友達は、今や麹を自分で作ったりしているらしい。種麹を買って来て米にカビをつけるわけである。なんというか…

味噌づくり講習会3

3回目の味噌づくり講習会が、無事終了しました。今回は初参加の娘!と、二度目の娘の友達、そして去年日程が合わず参加できなかった、姉のお友達でした。彼女は近所の麹町小学校でヨガをやってるらしい。昔は麹屋さんがあった場所だが、今は麹屋は一軒もな…

数字

味噌や塩麹などの賞味期限とか、出来上がるまでの時間とかを常に聞かれるのだが、いつもうまいこと答える事ができない。 塩麹については麹屋さんが出しているレシピも、実にいろいろで、出来上がりも2週間から2ヶ月まで、異様に幅があったりする。実際季節に…

麹屋さんの事

今日風邪で欠席した妊婦さんは、旦那さんが福井県の丹波の人で、私が京都で買った大阪屋さんという麹やは、本店は舞鶴なのです。なんとこのお店は実家に近いらしい。帰省した折に行ってみると言っていました。 今日きた別の妊婦さんは実家が富山だそうで、富…

味噌作り講習会2

本日の講習会も無事終わりました。私の古い友達が、妊婦達に混じったので、珍しいおばさんの話が聞けて、面白い部分もあったけど、うるさい感じもしたかもしれんが、とにかく、美味しい美味しいと言ってたくさん食べてくれました。今日はハンバーグ定食。味…

味噌作り講習会1

本日1回目の味噌作り講習会終了しました。ご家族に入院する人が出たりで、当初の予定より減り、2名だけでしたが、一人コブ付きでしたので実は3名です。もなちゃんという九ヶ月の少女ですが、以前は機嫌よく抱っこされてくれたのに、今回はダメで、私が抱く…

麹ともの会からのお知らせ

今年の味噌作り講習会の日程が決まりました。12月、2、5、10日です。いろいろな事情で日にちがくっついてしまって、ちょっと大変ですが仕方ないです。2と10は余裕がありますので、ご希望の方はどうぞ。

庭のこと

「土と内臓」を読んでから、私は花壇に落ち葉を乗っける事にしたわけだ。(コーヒーかすも)幸い落ち葉には不自由しないので。このところ花壇を覗くと、ミミズが食べては吐き出した、泥がモリモリになった山をたくさん見つける事ができる。細菌たちがどうして…

きたない子育て

http://presidentstore.jp/books/products/detail.php?product_id=3045昨日ちょっと書いた、「きたない子育て」だが、まだ現物は手元にないが、目次を見る限り、「失われゆく我々のうちなる細菌」が、ベースになっているのは確かだと思う。若い層をターゲッ…

最近の細菌の事

細菌の働きの話などになると、日本ではトンデモやえせ医学的な印象になるのは、なぜだろうか。あるいはスピリチュアル。医学とか科学とかのイメージが非常に硬直している。 失われゆく我々のうちなる細菌を書いた人は、アメリカの細菌学会の会長も務めた人で…

のりこさん

息子の嫁のお母さんのことである。あちらもなつ代さんと呼ぶので私ものりこさんにしている。我々は同い年である。気楽な人なので本当に運が良かったと思う。10年ほど前に亡くなったご主人はイラストレーターで(私と違いそこそ有名な)、のりこさんは、彼のマ…

麹ともの会からのお知らせ

今年も寒い季節になってきたので、味噌作り講習会やろうかと思います。新豆のでる12月ごろの予定です。参加したい人はお気軽に申し出てください。日程はいかようにも調整します。参加費はお味噌の原材料費です。多分塩麹、醤油麹も作ります。お昼は麹攻めの…

野生の麹黴

昨日の夜娘からメイルがあって、田んぼだったらしいが、稲穂についた、麹菌のコロニーを見つけたと。どうも野生の黄麹の塊らしい。さすがに自然栽培だとこういうことがおきるのね。実際これを使って麹を作ることができる。やってる人のブログを見せてもらっ…

不潔でGO!

近所の友人が久しぶりに寄ってくれて、朝日新聞の切り抜きをくれた。ゴリラの山際先生の細菌のお話だ。山際先生は大好きだし細菌も大好きなので、大喜びの私。朝日新聞で読んだ人も多かろう。山際先生は明らかに私と同じ本を読んでいる。学者さんだから論文…

会長のお仕事

ついに昨日、私は犬のマッサージ師として、デビューしてしまいました。ちょっと気になる犬がいて、公園で会った時にマッサージしてあげたら、そこの奥様が激しく興味を持たれ、ぜひやり方を教えて欲しいとおっしゃるので、うちに犬を連れてこられて、いろい…

昨日の晩ご飯

晩ご飯はもうこれ以上ないくらいの、貧乏くさく古臭いご飯でした。再現ドラマのつもりはなかったが、舞台は北陸の寒村か… ご飯(6分づき米)、間引き大根葉とおあげの味噌汁、鯖のぬか漬け、きゅうりのぬか漬け。以上です。鯖のぬか漬けは姉からお土産にもらっ…

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれて、感動しているパパの写真を幾つか見たが、どこの国かは書いてないが、アメリカかなぁ、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いているパパは、全員上半身裸になっている。すすんでる。アジアと思われる写真が一枚あって、日本かどうかはわからな…

お野菜げっと

昨日は味噌作りの生徒が、雨の中お野菜を届けてくれた。旦那さんの実家で作った、玉ねぎやズッキーニや人参など。ズッキーニは仕事で行ったイタリアで買った種を、植えてもらったもので白っぽい縞の。アーティチョークも育てているらしい。あれは2年越しの栽…

必殺技!

http://www.rikasuki.jp/memorial/aimai/kurashi/fl467.htm「電子レンジに2分間かけると、死亡事故をおこすような食中毒の原因となるサルモネラや大腸菌、ウイルスや細菌芽胞などの90%は死滅」 rikasuki.jp/memorial/aimai… うおっ 芽胞も9割は死滅する…

麹仕事

白山市のあたりには、堅どうふという、すごい固くでずっしり重い豆腐がある。頭ぶつけること可能である。今回これを買ってきて、味噌に漬けた。味噌漬けられたものも商品としてあるが、何と言っても手前味噌に敵うものがないので、自分でやる。鶴来のおはぎ…

密かな決意

昨日は息子のお嫁さんご懐妊の報告があった。私は動物の赤ちゃんはどれでも好きな方だから、さぞかし可愛いだろうと思う。心配はただ一つ、息子が溺愛し綺麗綺麗に育てるに違いないことである。私はどんなに嫌われようと、不潔の権化と化し、うさぎにも手伝…

甘酒 実力

昨日は苺が来たので、ちょうど冷蔵庫にあった甘酒と、いちご甘酒にしてみた。なんという美味しさよ。甘酒の甘みは、酸っぱさを打ち消したり、甘みをフォローしたりする感じでなく、いちごの持ち味と完全に溶け合う。渾然一体となって、美味しいのであった。…

麹は失敗

この前買ってきた麹は、残念ながら、ダメだった…帰ってすぐ、塩麹と醤油麹を作ったが、途中から、あー、これは良くないと感じた。色も見た目もきれいだが、問題は匂いである。麹の匂いが良く無い。悪い匂いがする。甘みが無いわけでは無いので、決して根っか…

造り酒屋寺田本家

http://www.teradahonke.co.jp/昨日娘がやっと麹を持ってきてくれた。塩麹が無くなりそうで心配だった。お正月に造り酒屋を見学に行きそこで買ったものだ。とにかくすごい酒屋らしいのである。その時買った生酒「 しぼったまんまの五人娘」を飲ましてもらっ…

昨日と一昨日のご飯

鳥のひき肉でお団子をよく作る。そのまま食べてもお鍋にしても野菜と煮てもいい。ひき肉に塩麹を少し混ぜてほって置く。お豆腐が少し残っていたので、これも入れて、よくこねこねする。ちらっとお醤油をたした。これを団子状にしてお湯に落として茹でる。昨…

「土と内臓」5

昨日ふと見たら、東京新聞の一面の下の、書籍広告に、「土と内臓」がでていた。築地書館やる気を見せてるね。「微生物学」のジャンルで、アマゾン売り上げNo.1だと!娘が「失われゆく我々のうちなる細菌」も、売れていると言うていたが。もしかしてついに、…